α77II 無難な性能の後継機のはずが何故か画質がクレイジー

シェアする

α77 II

α77II – 色々と改善されたが個人的には物足りない

6月6日に発売日を控えたソニーの α77II ですが、おすすめ度からいうと僕的には……まあ、うん。

全くオススメしません。

まず、基本的な部分が余り変わっておらず、時代を考えると物足りなさを感じます。

それでも『スペックだけを見ると』決して悪くはないし、 α77 を使い込んだ人が買い換えるにはとても良いと思いますが、新規で入るなら別の選択肢があるかもしれません。

基本的には α77 の不満点を潰しつつ、昨今に求められるWi-FiやNFCといった便利機能を搭載してきています。

まず、α77 を使った人のほぼ全員が感じるであろう連写性能不足。JPEG FINEで18連写というのはスポーツ撮影では致命的な『息切れ』感のある枚数です。これが α77II ではなんと60枚に強化されていて、連写性能に強く不満を感じていた人なら諸手を上げて喜ぶ仕様になっています。書き込み速度を考えるとRAWでも40枚以上は連写できそうです。

次に多くの人が不満に思っていたであろうEVF性能の低さ(追従性不足)も改善されています。明るく、自然に見えるようになっていました。

もう一つはAF性能ですが、こちらも19点から79点に大幅増されており、合わせたいところにピントを合わせられるようになりました。

画質がカリカリすぎる……

これだけパワーアップしているのに、なお、僕的にはおすすめできないと思っているのが肝心の画質部分です。

シャープネスとコントラストを上げすぎてカリカリすぎます……(汗)

ファームウェアアップデートで改善される可能性はありますが、だったら最初から RX100M3 買うほうがマシです……しっかりして下さいソニーさん。