[解決法] OSX + Adobe CC でCPU&メモリ食いつくす史上最悪のバグ!

2015年11月28あたりのアップデートによって、MacのCPUが100%張り付き&メモリ全消費するというとんでもないバグが、あろうことか放置されています。

ざっと見た範囲ですと、OSX が El Capitan のユーザで発生しているようです。

アクティビティモニタを見ると、CCXProcess と CCLibrary という二つのプロセスが、なんとCPUを100%使用しており、メモリも全て使いきっています。再起動しても、すぐさまCPU 100%でMacのファンが最大風力で回り始め、見る見るうちにメモリが消費されていく……とんでもないバグです。

発症してから1週間近く経ちますが、アドビからの解決策は極論すると『直るまでMacじゃなくてWindows使ってネ!』ということになるので、Macしか使ってない僕からするとマジでくたばれアドビです。

というわけで、解決法を見つけましたので記録しておきます|゚ω゚|

cry-b8f37abdcd_640

Adobe Creative Cloud のアンインストールすら出来ないケースも

この状態が発症すると、アンインストーラーを起動してもエラーでアンインストールできなくなることが有ります。(僕がそうでした)

まず確認しておきたいのが、OSXが El Capitan であるかどうかです。調べた限り、このバグは OSX で尚且つ El Capitan で Adobe CC の利用者が発症しています。

El Capitan + Adobe Creative Cloud だとヤバイ

この組み合わせの場合、冒頭に書いた通り CCXProcess と CCLibrary が暴走します。この二つのプロセスを強制終了すれば、少なくともCPUとメモリは開放されるので修復作業ができるようになります。

1.CCXProcess と CCLibrary を強制終了する

とりあえず、アクティビティモニタからこの二つのプロセスを強制終了しておいてください。CPUが100%使われていると、まともに作業できません(笑)

メモリも開放されます。この時点では Adobe Creative Cloud アプリケーションは起動しておきます。

2.キーチェーンアクセスの証明書を全て消す

実はこのバグ、キーチェーンアクセスの証明書データ回りで発生しているバグだということがわかっています。

そのため、キーチェーンアクセスの証明書を全て削除することで解決できる可能性が高いです。実際、僕はそれで解決しました。キーチェーンアクセスデータなんてネットを使っていれば自動的に再発行されるものですから、僕は気にせず削除しました。

気になる方は念の為にバックアップをとっておくといいでしょう。

キーチェーンアクセスってなによ!?という方のために画像貼っておきます。

スクリーンショット 2015-12-04 8.23.57

↑ Launchpadの「その他」に入っている、キーホルダーのアイコンのアプリを起動して……

スクリーンショット 2015-12-04 8.25.29

キーチェーン「ログイン」の、「証明書」を参照します。

この画面は既に削除済みですので何もありませんが、通常、いろいろと入っていると思います。

全て消して下さい。

3.再起動する

ポーン……

4.Creative Cloud アンインストーラーを起動

スクリーンショット 2015-12-04 9.12.26

このアイコンを起動します。

もしこの時点で症状が回復していればアンインストールしなくてもいいかもしれませんが、普通、壊れていると思いますので消しちゃいましょう。

この状態までくれば普通にアンインストール出来ると思います。出来なかったらすみません、僕が見つけた範囲までの知識ではお手上げです\(^o^)/

5.再起動

ポーン……

6.Adobe Creative Cloud の再インストール

これで治っているはずです!|゚ω゚|

クラウドなのでCCドライブに入れているデータ類は消えませんし、この辺は気楽でいいですね〜

まとめ:キーチェーンアクセス証明書を初期化せよ

なんでこんなバグが出たのか分かりませんが、アドビは画像・映像ソフトウェアに関しての技術はあってもスクリプト回りの技術がないというか、見たくない現実から目をそらし続けてなかったコトにする悪い癖があって、今回のバグも既に1週間放置されてるわけで、とんでもねえ駄々っ子だな、と……

この記事が同じように悩むバグ被害者の助けになれれば幸いです。

一応、大して害のある作業ではないのですが証明書データを消したりAdobe CCの再インストールが発生したりするので、自己責任でお願いします、ということで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク