デラックスチーズ・チキン(←うまい)とビーフ(←まずい)の明暗!

※ あくまでも個人の感想です!

マクドナルドの新製品・アメリカンデラックスシリーズの第一弾『デラックスチーズ』シリーズですが、ビーフとチキンで味に大きな差があったように思います。

美味しい・美味しくない以前の段階で『ハンバーガーとして既に破綻している』レベルだったデラックスチーズ・ビーフ(前回の記事)ですが、チキンの方は美味しかったです!|゚ω゚|

分厚いチキンのおかげで味のバランスが回復!

ビーフは通常より分厚い、クォーターパウンダーやグランのものを利用しているにも関わらず、他の具材の味のバランスが崩壊しているために全くビーフさを感じられませんでした。

それに引き換え、クリスピーに揚げられた分厚いチキンは各種具材の味を表面に吸い込んで、やっとハンバーガーとして認識できるレベルに味わいを高めてくれました。

クリスピーな食感がアクセントになっている

同時に、クリスピーな食感が加わることで味のバランスだけでなく食味も改善し、最後まで飽きずに食べられます。

チーズの味がやっと感じられた(ただし相変わらず弱い)

基本、チキンとチーズの相性がいいことは広く知られていますが、今回の組み合わせではやっと旨く機能しているようです。ビーフでは全く感じられなかったチーズの味がやっと分かるようになりました。

ただし、相変わらずチーズ味が弱いのは弱いです……三重のチーズの意味がわかりません。

やっと『食べ物』の土俵にあがった

デラックスチーズは、ビーフを食べるメリットが全く無いように思います。ダブルチーズバーガー食ってる方が絶対いい。

反面、チキンの方は食べて損するようなことは無いと思います|゚ω゚|

個人的には、デラックスチーズビーフはパティを2枚、プロセスチーズを2枚にしないといけないのではないかという気持ち。

第二弾が11月22日から!

アメリカンデラックス第二弾はバーベキュー!イマイチだったチーズからの挽回なるか!?

スポンサーリンク