富士フィルム X70 新設計レンズを引っさげて満を持して登場!……という噂。

Fuji Rumorsさんに、富士フィルムから X100 の姉妹機に当たる X70 の噂が出ていますね。

以前にも X70 の噂があったように思いますが、一旦消えてから満を持して復活、ということでしょうか?

原文:

Do you remember the rumor of September 2013, where I wrote: “Fuji will launch a cheaper and smaller X100S without viewfinder, smaller body and 23mm f/2.8 lens. The name could be X70.” ?

Well, I knew the rumor was right at the time of sharing, but Fujifilm has dropped plans on it later on.. and so I had to live with the usual S*itstorm on FR ;).

But we could have a comback now, at least according to our trusted Japanese source. The source said that this time Fujifilm decided to go ahead an make it. Our source did not specify the specs, but it did say that there will be a New Lens.

Looks like the X100 series is going to get a little sister… and the Ricoh GR a serious competitor!

テキトー訳:

2013年9月にあったX70の噂だったが、富士フィルムはその後に計画を中止することとなった。

その後、信頼できる情報提供元から開発再開の話を聞いた。スペックは不明だが、レンズは新設計になるそうだ。

これは X100 の姉妹機になり、同時に、リコーGRに対するライバル機にもなるだろう。

新設計レンズ+小型軽量化モデルになるのか?

リコーGRといえば2013年に発売されたGRシリーズの次世代機ですが、ここで言うGRのライバルというのは当然、来月(2015/07/17)に発売される GR II のことでしょうね。

ぶっちゃけ GR II はマイナーチェンジレベルに留まってさほど目を引くカメラではない(画像エンジンが2年経っても据え置きなのは実際イタイ)というもっぱらの前評判ですし、ここぞとばかりに横合いから殴りつけるのでしょうか?(ひどい表現

そもそも論としてXシリーズとGRシリーズはかなり路線が違うように思いますし、GRは28mm単焦点のハイエンドコンパクトということで好評を博してきたシリーズですから、今更入っていってもイマイチ旨味のない戦いのように素人目には映るのですが……弱ったライバルの隙を突いてニッチなパイの奪い合いをするほどに大変な状況なのでしょうね(汗)

ユーザーにとっては、選択肢が増えることと競合の発生によって双方が改良を続けるわけで良い事なのでしょうかね。共倒れにならないように両社には頑張って欲しいです。

↓GR II ではなくGRになりますが、中古も含めてかなり価格がこなれていますね〜。

スポンサーリンク