G1X Mark2 初代G1Xは完全な欠陥品だったが……?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信憑性が謎ですが、Photo Rumorsさんに G1X Mark2 の噂が掲載されています。

(→本当に発売されました!ヾ|゚ω゚|ノ” 発売後のブログ記事はこちら

G1X の発売からほぼ2年が経ちますが、正直、後継機を出すほどのコンデジでは無かったというか、なんというか……敢えて言おう。カスであると。

あまりにも酷すぎた初代 G1X

復習になりますが、どんだけ G1X が酷かったかというと……

・常識外れに『寄れない』

・マクロモードにしても『寄れない』

・マクロモードですら、レンズの先からワイド端 20cm、テレ端 85cm という有り得ないというより、開発者とこれを発売オーケーした責任者は頭からツユダク牛丼をかぶった方が良いレベルの酷すぎる最短撮影距離

・2012年発売の高画質を謳う最高級コンデジでありながら、35mm判換算28-112mm程度のズームでF2.8-5.8というマジで弁解のしようのない完璧な芸術的ゴミクズとしか評せない暗いレンズ(大口径だし仕方ない?馬鹿野郎、解放は兎も角テレ端だけでもF4.0にするのが努力の跡ってもんだよ!)

・AF性能が他社の普通のコンデジにすら劣るゴミ。マジでヤバい。

・AFがすぐ迷う

・顔優先AFモードではホワイトバランスが崩れやすくなる仕様

・バッテリーが弱い

・シャッターの感触が変で半押ししてる感が無い上にいきなりシャッターが切れるダサいパーツを使用

こんな酷いポンコツですが、キヤノンはこの業界では最強クラスの広告主でして……例によって提灯記事が色んなところで掲げられてました。

このカメラの本当のところを書くと手痛い経済制裁が待っているわけで、各メディア揃ってこのカメラの弱点に触れたり、追い込んだテストをしたりはしなかったのですね。

ま、雑誌や情報サイトだって、広告主のご機嫌は取らなければならないわけでして、仕方の無いことでしょう。だからこそ、僕も含め、アマチュアのユーザが好き勝手にレビューできるブログやツイッターがあるわけです|゚ω゚|

本当に悪いのはキヤノンですわ。

こんなゴミクズを作ってしまったんだから。

あと、EOS Mとか。あの頃のキヤノンは完全に狂っていたと思います。

噂の後継機スペックは?

さて、初代への愚痴はこのくらいにして噂のスペック。

  • ・Similar design to the G1 X but with a slightly longer lens
  • ・DIGIC 6 image processor
  • ・24-120mm f/2.8-5.8 lens
  • ・20.2MP 1.5″ CMOS sensor
  • ・New “real image” optical zoom viewfinder
  • ・3.0″ LCD touch screen with 922,000 dots

要約すると、G1Xと似た形で換算24-120mm F2.8-5.8を搭載。

画像プロセッサはDIGIC6になり、20.2MPで1.5インチのCMOSセンサーになる。ファインダーは改良された新型になる。タッチスクリーン式の液晶モニタが搭載される。(原文には無いが、おそらく初代と同じく可動式だろう)

レンズが……有り得ないな。

えー!この情報なんか嘘くさーい!wwwと感じる……

さて、悪夢は繰り返すのか?

2月中に発表されるという噂ですので、もしなんらかの動きがあるなら来月開催されるCP+での発表になるでしょうね。色んな意味で楽しみです。

しかし……

素直に高性能で安いPowerShot G16を買った方が良くね?|;゚ω゚|

F1.8-2.8ですっげー綺麗だしWiFi搭載。高級コンデジの万能選手権なら、基本的にPowerShot Gシリーズがいつもイチオシだよ。ホント、優秀だよ。デザインが無骨でダサイこと以外は完璧だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク