2015年、ついにNHKで『ゴールデンウィーク』表現される

ゴールデンウィークが終わってヤル気ゼロハイムなミッキースミスが仕事の空き時間からお送りします|゚ω゚|

一般的にはゴールデンウィークというのは5月初頭の連休を指しますが、昔は5/3〜5/5の三連休しか指さなかった……のは昔のお話で、今や4連休・5連休は当たり前!という感じでいい具合に連休が仕込まれています。

さて、こんなゴールデンウィークですが、NHK(と一部の民放、一部の新聞)ではゴールデンウィークという表現を使わないようにしている事をご存知でしたか?

いわゆる「緑の中を走り抜けてく真紅(まっか)なクルマ〜♪」騒動と似た何か

NHKがゴールデンウィークのことを言う時、『大型連休』という言葉を使います。「春の〜」とか「5月の〜」とか、視聴者は「ああ、ゴールデンウィークのことね」というふうに解読しているわけですが……

なんで視聴者がテレビ如きに気を使わなきゃならんのだと。素直に日本国民が広く使っているゴールデンウィークという言葉を使えよと。

なんでこんな事になっているのかというと、昔々にNHKが紅白歌合戦で山口百恵の名曲・プレイバックに対し、「一部の歌詞(ポルシェ)がCMに相当する!」と、上層部がお役所脳でもって強引に歌詞を変えさせようとした頃(実際は、大騒動になって紅白では無事に「ポルシェ」歌詞だった)と全く同じで、『ゴールデンウィークというのは映画業界用語。なんで映画業界の宣伝をしなきゃならんのだ!』という所に根っこがあるようです。

ただ、言い訳なのかなんなのか、現実問題はもう少しだけ別のようで……

実のところ、真の理由はーー

本当の理由:「横文字が嫌いだから!」

オイ!www

今どき、横文字てwww

ホント、遅刻や欠勤の言い訳と同じくらい無茶苦茶だよ!www

……他にも、大型連休に休みが取れない人から「俺は仕事してるのにゴールデンとはけしからん!」等といった如何にも頭が悪い人間が好んで使いそうなクレーム電話が来たからだという理由や、「表記が長いから! あと、GWって略したら知らない人が意味わからないから!」と。

……まあ、確かにね……

「大型連休」だと4文字、「ゴールデンウィーク」だとずっと長いです。

では、「黄金週間」でいいんじゃないのか!?

と思うんですが、それはそれで、先に書いた通り映画業界が作った販売用語だからダメ!……という根っこがあるわけですね。

総じて、つまんねープライドなわけです。

これだからNHKは!

……と言うのが、これまでのお話でした(むちゃ長い前振り)

そして、2015年4月。

ついにNHKで「ゴールデンウィーク」発言があったのです!

ついに出た! 井田アナから「ゴールデンウィーク」!

2015年4月24日、NHK、ニュースウォッチ9。

井田アナウンサーが長年のNHKの慣例を破り「ゴールデンウィーク」と発言しました。

速攻で別のキャスターから「大型連休ですね」とツッコミが入っていましたが……(放送事故扱いかよwww)

いつだって浮世から乖離してるNHKだったのが、これからは変わっていくのかもしれませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク