井村屋 ゴールドシリーズ:ゴールドあずきバー レビュー&口コミまとめ(というほどのもんじゃない)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人の心とも言える井村屋の定番アイス『あずきバー』に、なんと高級路線のゴールド版が登場しました!ヾ|゚ω゚|ノ” ※ このレビューはあくまでも個人の感想です

井村屋 ゴールド あずきバー

包装からしてゴールデン! 流行(がちょっと過ぎた)の希少糖まで!

何がゴールドなのかというと包装が金ピカですわな。ゴールドライタンを彷彿とさせるデザインです。そんなことはありませんでした。

裏面を見ると以下の通り。

井村屋 ゴールド あずきバー 裏面

裏面もゴールデン!

でっかく書かれた氷菓の文字が謎でわたし、気になります!

原材料が砂糖・大納言小豆・希少糖・コーンスターチということで、かなりナチュラルなお菓子と言えます。アイスは基本的に腐らないから余計なもん少なく済んでいいですね。

まあ、それなのに余計なもんだらけのアイスのほうが多いんですけどね……話がそれた。

食べてみます!

いまからゴールデンタイムです!

なんかパッとしないまま終わったけどゴールデンタイムです!

食べた! まるで冷やし固めたお汁粉!(小豆入り)

Gold azuki look

心なしか、いや、多分、普通より柔らかい?
さすがゴールド。量産機とは違う感じです。

が……まあ、そこまで極端に味が違うってほどではないです。
甘さが上品になって、舌触りが滑らかになって、全体的に味が向上して、心なしか小さくなった?って感じです。

お汁粉で作ったアイスみたい。小豆入りで。
少なくとも、ぜんざいではない。

バーの両端には分かりやすく「ゴールド」のプリントが。

gold-azuki-bar
でも、あまりにキンピカっぷりが露骨過ぎて逆にゴールド感がないというか……まあ、名古屋仕様ってことやね!(偏見)

結局のところ、このプレミアムモデルの売りは2つ。

・小豆に大納言小豆をふんだんに使用
・希少糖を使用

希少糖に関しては流行りモノって意味合いのほうが大きいでしょう。大納言小豆に関しては実際美味いし大粒でホクホクした食感で、食べていてうれしい感じがします。

総合的に見て、とても美味いです。

ここで口コミのご紹介

このようなまるでダスキン社の職員への待遇のようにキビシイ意見から、

このように、強い興味を示す人も。

違いが分からなかった、という人まで。 井村屋の中の人曰く、普段食べ慣れている人ほど違いがわかりやすいとのことでしたが、やはり人それぞれということでしょう。 どれだけパワーアップしても、あずきバーはあずきバーだった、ということでしょうか。ギャフン ※ 追記

やはり、そうめちゃくちゃに違うってわけじゃないんでしょうねえ……

知 ら ね え よ ! w w w

近所のローソンのは程よく柔らかかったよ!wwww

値段差に見合うかどうかは……あなた次第です!

お値段はノーマルが100円に対してゴールドが130円。

プラス30円の値打ちがあるかどうかというと……各自、食べてみてのご判断!ですねw

そういえば、井村屋といえば被災職としての羊羹「えいようかん」もいいですよ?

水がなくてもベタつかずに食べられて、塩分を通常よりほんの少し強めにしてあるので喉も渇かない。被災食だけでなく、普段のおやつにも最適ですヾ|゚ω゚|ノ”

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク