KALDI(カルディ)のコーヒー豆と焙煎時期について

シェアする

楽しいぞ! KALDIコーヒーファーム!

世界の珍味や香辛料、珍しい酒、そしてなにより何十種類ものコーヒー豆。

主だったショッピングモールに大抵はいってるKALDI(カルディ)コーヒーファーム。いいですねぇ|゚ω゚|

近隣のショッピングモールに行くときは必ず立ち寄るようにしてます。無料でコーヒーを振る舞ってくれるのも嬉しいですし、海外のちょっと細かい食材はほぼKALDIでしか手に入らないんですよね……ピクルス一つとっても何種類ものブランドを取り扱ってますし。

あとは、僕はブログにコーヒーカテゴリをつける程度にコーヒーが好きですので、コーヒー豆の補充にもKALDIは重宝していますヾ|゚ω゚|ノ”

さて、今回はKALDIで販売されているコーヒー豆の焙煎時期のお話です。

焙煎したてのコーヒー豆が一番なのは当たり前

コーヒー豆って焙煎してから一ヶ月で使い切るのが理想なんですよね。

市販のコーヒー豆って、例えばスーパーなんかだと焙煎してから長期間過ぎたものでも売れ残ってたりしますんで、正直、同じお金払うならできるだけ焙煎したての新鮮なものが欲しい……と思うわけです。

KALDIといえばレジの横にギッシリと各種コーヒー豆が詰まったカウンターが名物なのですが、この豆、焙煎時期はどうなってるのでしょうか?

比較的、回転が早いとは思うのですが当然、不人気もしくは高価だから売れないなどで残ってしまった豆は焙煎した日からどんどん時間が過ぎていくことになります。

どういう風に管理されているのでしょう?

KALDIのコーヒー豆は『一ヶ月ルール』遵守!

わからないことは直接問い合わせる。それが僕の主義!

というわけで、カルディコーヒーファーム公式サポートに問い合わせてみました。

弊社ではコーヒー豆を焙煎後1ヶ月以内に販売するという自社規定を設けております。
店舖によって商品の入荷日や販売状況が異なる為、各商品の焙煎から経過した期間に差はございますが、いずれの状況に関わらず、自社既定のもと販売しております。
ご購入時にお問い合わせ頂ければ、当日在庫の焙煎日をご案内させて頂きますので、お気軽に店舖スタッフまでお声掛け下さいませ。

なるほど! ありがとうございました!|゚ω゚|

『一ヶ月ルール』が徹底されているということで、焙煎から一ヶ月を越える豆が販売されることは無い、というこが分かりました。(文面から、おそらく、一ヶ月を超えた豆は廃棄されるのだと思います。)

そして、焙煎日についてはお店で「いつ焙煎されたものですか?」と訊けば教えてもらえるということです。幾つかお気に入りの豆を見つけておけば、その時に焙煎したての豆があればラッキーだし、あまりにもギリギリだったら買う量を減らすかパスしてもいいでしょう。

あるいは、お目当てのものの有無に関わらず、見知らぬ豆が焙煎したてであればいっその事チャレンジしてみるのも……?|゚ω゚|

コーヒー豆は出会いのものでもあります。季節限定商品なんかもたまには手を出すと良いと思いますね。

ちなみに……KALDIでオススメの豆

個性がないのが個性、というべきスタンダードなザ・ハウスブレンドとでも呼ぶべきなのが『マイルドカルディ』ですね。バランスが非常に良く、KALDIといえば先ずはこれを試しておくといいでしょう。他の商品のリファレンスになります。

基本を抑えたあとは、酸味が苦手な僕のおすすめは『プレミアムブレンド』『スペシャルブレンド』です。特にスペシャルブレンドはコクだけでなく苦味も少し強めなので、夏に嬉しいアイスコーヒーにも堪えられますよ?|゚ω゚|

もしくは、だいぶ苦いめになりますがストレートのダークローストシリーズはどれも酸味が相当程度に押さえられており、苦味が強い仕上がりになってます。ますますアイスコーヒーに向いてますが、朝の一杯や、眠くて仕方ない時の一杯にはとてもいいと思います。特に、このシリーズだと『マンデリンフレンチ』がダントツでパンチ力が高いと思います。

酸味を楽しみたい方は、ごめんなさい、僕にはわからないです……^^;

今回のまとめ

  • KALDI店舗にあるコーヒー豆は焙煎から一ヶ月以内のもの
  • 具体的な焙煎日は店員に訊けば教えてもらえる

皆さんのKALDIコーヒーライフが捗るといいですね!|゚ω゚|



スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク