Legend of Grimrock 2 プレイ中のレビュー(雑感)

途中でかなり詰まっていたり、そもそもパーティの組み合わせを検証の為に4度も組み直してやり直していたりと、クリアまで時間がかかっていますが(2014-11-4現時点でプレイ時間62時間)ドップリと楽しんでおります|゚ω゚|

気付いたことを書いていきます。何か参考になればと思います。

パーティ構成で攻略難易度が激変

最終的なパーティ構成は、(僕の中での)完全無欠な構成である騎士x2、ローグx1、バトルメイジx1で攻略中です。かなり楽に進められているように思います。特に、ボス戦で爆弾とポーションの使用を開放して本気出した時の撃破速度が他のパーティ構成とは明らかに違います……|;゚ω゚|

それぞれの種族と特徴(Traits)は以下の通り。

  • 騎士(トカゲ)x2 Endurance(運搬+25kg・空腹速度-25%)+Endure Elements(全属性耐性+25%)
  • 投擲&二刀流ローグ(ミノ) Head Hunter(頭蓋骨の個数だけStrength+1)+Martial Training(Accuracy+7)
  • バトルメイジ(虫) Endurance(同上)+Quick(行動待機-10%)

まさかの騎士x2が同一構成ですが、これも、防具を共有して常に似た防御力と攻撃力を維持することで戦闘を安定させる目的があります。

ローグは投擲二刀流で正直、装甲以外は前衛より使い勝手がいいです。相変わらず遠距離の強いゲームですw

バトルメイジはヘルスの底上げに期待して、運用としては全くウィザードと同様に扱っています。ウィザードより明らかに死ににくいので気に入っています|゚ω゚|

最大荷重ともう一つ大切なのがAccuracy

Enduranceはやはりオススメ、ということ

ローグ(ミノ)を除いて全員がEndurance持ち。ローグ(ミノ)に関しては、キャラメイク時点でStrength全振り+ヘッドハンターつけてるので冒険中にメキメキとStrengthが上がることを想定してEndurance不要と判断。実際、不要でした。

まあ、面白みのない効率最重要視のガチ冒険向け構成ですが、やはり効果は絶大と言えます。実際、冒険中に重量制限で苦しむことは一度もありませんでした。現在、エレメントを全て集めて入城したばかりですが、おそらくクリアまで苦しむことはないでしょう。

全種族が取れる中で最も価値のあるスキルは、おそらく Endurance であろうと実感しています。

ミノがいるなら一人はHead Hunter取っとけ、ということ

感想として、ミノタウロスのヘッドハンターも相当に強いです。ただ、頭蓋骨の数が限られているのでパーティに1人が限度って感じです。Strength依存のThrowingやLight Weaponスキルと相性が非常によく、敵と距離があるうちはThrowing、接近されたら武器を I → II に持ち替えてLight Weapon二刀流で後列から近接攻撃というスイッチ・アタッカーになってます。Throwingはとにかく強い……エナジーを消耗せずに遠距離攻撃ができるので、バックしながら撃ちまくるだけで大体倒せます。

今回、ローグの特性を存分に楽しむためにLight Weaponを取得しましたが、単純な攻撃力だけ考えると後列からHeavy Weapon Lv5で両手武器を片手持ち+エナジー上昇する系の盾でスキル連打してるほうが良いかもしれませんね。

TIPS – 頭蓋骨はバッグや箱に入れても効果アリ!

小ネタになりますが、頭蓋骨はバッグや箱に入れてもStrengthアップ効果が得られますので、インベントリを圧迫しなくて済みます。活用しましょう|゚ω゚|

ゲームに慣れていればアルケミストは不要?

ダンジョンマスターやGrimrock前作をプレイ済みの方でしたら、普段からポーションを乱用するプレイスタイルは間違っていることをご存知かと思います。実際、クリスタルと休憩を上手に使えば、ほとんどポーションを使う必要がありません。

ハーブが増えるといっても、けっこうな歩数を歩かなければ増えませんので実用性はさほどないと言えます。

また、期待の新武器である銃の仕様がLv5にならないと使いものにならない現時点のしょっぱい仕様ではイマイチですね。例えば、アルケミストなら銃スキル+3からスタートとか、そういう仕様ならマシだったかもしれません。暴発やジャムで攻撃機会が失われると殲滅速度低下からの敵からのゴリ押しで最悪は全滅……も有り得ます。

中盤になると一気に威力が増えるのですが、ステータス補正を一切受けないのが銃の強みであり弱みでもあり、Strength全振り投擲ミノの破壊力と比べると補充が難しい銃弾という足枷が重く響きます。

以上のことから、現時点では、アルケミストを無理して入れる必要はないと言えます。

アルケミストがいないパーティでは、職業構成上、Alchemyスキルを伸ばす余裕が終盤までおそらくほぼ無いので、一切ポーションや爆弾の調合が出来ませんが、どちらも拾える分だけで十分といえます。

ポーションがどうしても欲しい局面は、一部のマゾいボス戦やごくごく一部の条件が酷すぎるモンスターハウス(ピラミッドの某所とか……あれは本当にヒドイ……)とかで、フリーズボムやポーションが大活躍します。

魔法:フォースフィールドは万能な緊急回避

魔法は、フォースフィールドがとにかく便利ですね。囲まれそうになったら、取り敢えず壁の隅にいって片方の敵をフォースフィールドで固めて、もう片方をスタンド&ファイト倒します。側面攻撃による後列メンバーの死亡や怪我、毒などのバッドステータスさえ防げれば勝機はあります。前衛はなんだかんだでとても硬い。そして、倒した敵と入れ替わるように新しい奴がねじ込んできたら、そいつも倒します。そのうちフォースフィールドが消えるので、新たに唱えなおしてフォースフィールドで固め直します。

これで事故死や全滅の確率がグッと下がる!ヾ|゚ω゚|ノ”

とにかく、魔法使いのエナジーが尽きたり怪我人や死亡者が出たらすぐにクリスタルまで帰ることが大切です。上にも書いたけど、ポーションに頼ったらダメですね〜|;゚ω゚|

水中の半魚人(Zarchtons)を踏み潰せなくなった?

バージョンアップのせいか、昔は踏み潰せたのに無理になってます?|;゚ω゚|

先日のバグフィックスでZarchtonsはハープーンをドロップしなくなりましたって書いてたので、それとセットでFIXされちゃったのかな……

これで、ゲーム終盤に差し掛かるまでHarpoonを入手できなくなり、水中攻撃の機会は失われました。これも、また別のフィックスで何とかして欲しいですね。

ひとまず、早くクリアしますね!

仕事が忙しく、土日しか長時間プレイが出来ない身ですが、今週中にはクリアしてしまおうと思います。名残惜しいけど……今回はボリュームがかなりありますので、前作みたいに気軽にやり直そうとは思えないのが残念です。クリア後にやり直すくらいなら、ユーザー作成のダンジョンを次々と遊んでいくほうが楽しいと思います|゚ω゚|

※ この記事の直ぐ後にクリア済みですが当時のまま記事を残しておきます

Legend of Grimrock 2 攻略記事リストに戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク