Legend of Grimrock 2 攻略4 – 人種 (Race)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の情報はレジェンド・オブ・グリムロック2でキャラクターメイキング時に選べる人種 (Race)について。

人種といいながら人外ばかり!

この世界では、人型かあるいは人間と同等の動きができるもので社会生活を送れるものを全て『ヒト』とみなしている……のかどうか知りませんが、人種といいながら人間は Human で統一されていて、残りは虫型エイリアンとか牛野郎とかトカゲ野郎とか今作で新たに追加されたネズミ野郎とか、まあ、人外ばかりです。

また、公式設定としてこの世界では上記の種族が社会生活を営んでいるようですね。種族の説明から世界観も見えてきます|゚ω゚|

では、順に見て行きましょう。

Human – 我らが人間様

いわゆる人間。ニンゲン。ゲーム世界でも最も人口が多いらしいです。適応力も高く、結果として(ゲーム的な意味でも)すべての職業に向いています。ですが、逆に言えば成長が他の種族より10%早いこと以外はメリットが薄いです。後述するFast Learnerを追加で取って、成長率+20%という成長の早いキャラクターにするのも手です。

Human専用の特性(Taunts)として、Skilled(スキルポイント+1)とFast Learner(Humanの種族ボーナスに更に加えて10%追加経験値を得る)が選択できます。

(種族ボーナス)

  • 他の人種と違って、初期ステータスは Strength, Dexterity, Vitality, Willpower の全てが10ポイントです。これを基準に、他種族はプラスマイナスの補正が掛かることになります。
  • 経験値を10%多く得られるので成長が早いです。

Insectoid – どうみても虫(インセクトイド)

テラフォーマーズへ帰れ!

インセクトイドは知的なエイリアンで、その虫型の頭の中に鎮座する脳ミソは深い知性を秘めているようです。どうみても虫ですが。お近づきになりたくありません。いわゆる昆虫なので硬い外骨格に覆われています。見た目がキモいですが、グラフィックを自前で可愛い女の子に変えてしまえばどうということはありません。

Insectoid専用の特性(Traits)として、Quick(クールダウン短縮)や Chitin Armor(Protection +10)を選択できます。

(種族ボーナス)

  • Strength +1, Dexterity -2, Vitality -1, Willpower +2
  • 怪我をする確率が50%減少(外骨格すげえ)

Lizardman – 器用なトカゲ野郎(リザードマン)

静かに忍び寄る器用なトカゲ野郎。それがリザードマンです。彼らは気まぐれで嘘つきらしく、LoG世界でも嫌われ者とのことでどう考えてもローグへの適正を持っています。ダンジョンマスターのヒッサーを彷彿とさせます。シールドを熱してステーキを焼いたりは出来ません。(ネタが幾らなんでもコア過ぎます

Lizardman専用の特性(Traits)として、Fast Metabolism(空腹速度20%増しでヘルス&エナジーの自然回復30%増し、更に回復ポーションの効き目が二倍)と、Endure Elements(全耐性+25%。リザードマンの種族ボーナスと合わせて最初から全耐性+50%になります!)、Poison Immunity(毒が完全無効)が選択できます。

(種族ボーナス)

  • Dexterity +2, Willpower -2
  • 全ての耐性が +25%(←効果デカイ!)

Minotaur – 脳筋ヘッドハンター牛野郎(ミノタウロス)

ミノタウロスは見た目通りにバカで脳みそが筋肉で出来ています。しかしそれだけにとどまらず、『特性』で『ヘッドハンター』が唯一選択できます。これは、頭蓋骨をインベントリ(持ち物欄)に一つ持つ毎に Strength+1 されるという首狩り族めいた牛野郎です。慈悲はない。LoG界における『妖怪・首置いてけ』です。

ちなみに、ヘッドハンターは前作だと頭蓋骨1つに付き AttackPower +3 でしたので、弱体化バランス調整されてますね。また、空腹スピードも前作は15%アップだったのが今回は25%アップということで、燃費も悪くなってます。(まあ、前作はミノが強すぎたから……)

Minotaur専用の特性(Traits)として、上記の Head Hunter(頭蓋骨1個ごとにStrength+1)とRage(残りヘルス20%を切っている間のみ Strength+10)が選択できます。

(種族ボーナス)

  • Strength +5, Dexterity -4, Vitality +4, Willpower -3
  • 空腹速度が25%アップ(クリーンディーゼルの時代なのに燃費が悪化!ディーゼル関係ない!)

Ratling – 夢の国からやってきた(ウソ)新種族のネズ公(ラットリング)

どう見てもネズミなんですが、ラットリングという種族です。

いかにも貧弱そうに見えますが、病気に強く(むしろコイツ自身が保菌者という噂も)、適応性の高い種族らしいです。更に、どういうわけか機械いじりと貯蓄が大好きで、アイテムを通常より+15kgも多く運べます。後述する、ラットリング限定の特性が凄まじい性能です。

Ratling専用の特性(Traits)として、Mutation(レベルアップ時にランダムなステータスが+1)が選択できます。この特性はLoGのゲームシステム上、はっきり言ってチート級の性能だと僕は思います。

(種族ボーナス)

  • Strength -4, Dexterity +2, Evasion +2
  • 持ち運び限界重量 +15kg
  • 細菌耐性(病気に掛からない)

次に決めるのは職業!

どうでしたか? 種族を決めるだけでも、思った以上にアレコレと考えてしまうはずです。前作の経験者なら尚更です。

職業に関しては次回に!|゚ω゚|

前の攻略記事:Legend of Grimrock 2 攻略3 – キャラクターメイキング (Character Making)

次の攻略記事:Legend of Grimrock 2 攻略5 – 職業 (Class)

Legend of Grimrock 2 攻略記事リストに戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク