終わらない異物混入、マクドナルド糾弾の果てに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終わらない異物混入と発覚

マクドナルドを始めとして、外食や冷凍食品産業における異物混入の発覚が相次いでいます。

むしろ、マスコミが過去の事例も含めてここぞとばかりに視聴者・消費者受けのいい『旬なネタ』として異物混入を取り扱っている感があり、もちろんそれは各外食系企業に対して『もっとウチに広告ださないとどんどん取り上げちゃうよ〜ん?^^』という脅しも兼ねているのでしょうが、これからもしばらくは無くなりそうにありません。

マクドナルドがいま集中砲火されているのでマクドを例にしますが、事実なのか自作自演なのか分からないような事例も含めて思った以上に多数の報告があがっていますね。

異物混入の事例

  • 青森:ナゲットにビニール
  • 福島:サンデーにプラスチック片
  • 東京:ナゲットにビニール
  • 埼玉:クォーターパウンダー・チーズに糸状の金属
  • 長野:ソフトクリームにビニール
  • 京都:ホットケーキに金具
  • 大阪:ポテトに人の歯(虫歯) ←アホかwww
  • 鹿児島:ポテトに歯の詰め物 ←んなアホなwww
  • 沖縄:チーズバーガーに発泡スチロール ←どこから入るんだよwww
  • 沖縄:マフィンにプラスチック

ザッと挙げただけで10件。連日、こんなふうにまとめて報道されたら、マクドナルドへの信頼はゼロを通り越してマイナスに突入している頃でしょう。そうでなくても腐った鶏肉を使ったナゲットでボコボコだった評価ですからね……

ちなみに、マックフライドポテトへの歯や詰め物の混入については流石にあり得ないだろうと思ってる側です。原田CEOには多くの人が不満を抱いているとのことで、辞任するまで異物混入事件は止まらない?とか?|;゚ω゚|

糾弾の果てに

異物混入はもちろん許されないことです。しかし、現状の叩きっぷりは後先を全く考えておらず『潰れるまで叩き続ける気か?』というレベルに来ているように思います。

こういうムーブメントが起こった以上、今後はマクドナルドだけではなく全ての飲食産業の異物混入に対して『異常なほど』厳しい世の中にシフトしていくでしょう。しかし、人間がやることですのでミスが全く起こらないようにするのは事実上、不可能です。これ以上やって一体何が得られるというのでしょうか?

確かに、無条件に叩くことができるのは普段から鬱屈した生活を送っている人にとっては非常に気分がイイものでしょう。叩いている瞬間だけは惨めな自分のことを忘れられますからね。

しかし、それって、いわゆる『みんなから嫌われる』

”ヤカラ”になってませんか?

何か他人やお店のミスにつけこんで大きな声で騒ぎ立てては金をせびりとったり不必要なほど謝罪させようとする、そういう人間のことを大阪では『ヤカラ』と呼んで蔑みます。今回にかぎらず、なにかにつけ騒ぎ立てては謝罪しろ賠償しろと騒ぎ立てる風潮になってきていますが、もし日本人の多くがヤカラと化しているのだとすれば、とても情けない話です。海の向こうにあるなんでもかんでも訴訟する国や、すぐお隣なんでもかんでも謝罪と賠償を要求する国とレベルが同じです。恥ずかしい。情けない。そう思いませんか?

別に異物混入に対して寛容になれ、といっているわけではないです。僕だって餃子の王将で八宝菜にでっかいビニールが入っていて半分食べるまで気付かなくて店の中で吐きそうになったことや、マクドナルドでポテトじゃない商品にポテトががめり込んでいた(どんな雑な作業してるんだ……)ことだって何度もあります。髪の毛が混じってることなんて年に何度もあります。サイゼリアのミラノ風ドリアに髪の毛が入ってるとか、ちょっと普通ならあり得ないような事だってありました。

でも、そういう時に思うのは『謝罪だ!補償だ!』ではなくて『安いから仕方ないとはいえ、こういう無様なことは出来るだけやめて欲しいな……』という事です。

これが客単価10000円スタートのお店なら激烈に怒る権利もあるでしょう。サービス料が十分に含まれている価格設定ですからね。しかし、マクドナルドはそうではありませんし、巷にあふれる居酒屋やレストランの多くもせいぜい3000〜4000円も出せばお腹いっぱい飲み食いできる(東京都内ならもっと高いでしょうが……)程度のお店です。

当然、安物を売っているお店なんだからサービス面での期待は出来ませんし、最初からしていません。安いものにマトモなサービスを求めるのは貧乏人です。

我々は、ヤカラになることなく(どうせ、騒いでも何も貰えませんよw)、激しすぎる糾弾の果てに何が待っているのかを考えるべきです。少なくとも、現時点ですでにそうですが今回のような騒ぎが消費者のプラスになることは決してないでしょう。

拳を一旦下ろして『で、具体的に今後はどうやってチェックするの? 今までどおりのやり方じゃ無理だってことがわかったよね? ”気をつけます” じゃ無理だったでしょ? どうすんの?』と問う段階にあると思います。

人間も機械も完璧ではない

繰り返しますが、人間は完璧とは程遠い生き物です。そして、機械ですら故障やバグを起こします。ミスを無くすことは不可能です。今回の件で声高に叫んでいる消費者の中には『絶対にミスをするな! ミスなど絶対に許さない!』という気分でいるのではないかと思ってしまうような人も少なからずいます。

きっと、人間ではないのでしょう(笑)

まともな人間であるならば、出来もしない理想を押し付けるのではなく現実的な落とし所を追求するべきです。でないと、店が潰れたりコストがメキメキと向上してしまいます。

そうなった結果、また消費者は怒るんでしょうか?

『店が少ない! 利用したいのに使えない!』
『高い! こんな不況の時代にこんな価格設定するなんて消費者のことを考えていない!』

……少し考えれば誰でも分かると思いますが、それってむちゃくちゃな言い分ですよね? まともな人間が言うことではない。しかし、集団になるとあっさりとそういう事をみんなで大声で叫んでしまう程度の知能しかないのが、いまの日本人だったりします。

結局、最終的には消費者自身に返ってくることなんです。マスコミが面白おかしく煽ってるからといって安易に乗っかってワーワー叫んだ結果どんなヒドイ未来が待っていようと、マスコミは一切責任を取ってくれませんからね。あいつらは結局、企業からの広告費(口止め料として、ね)が欲しいだけなんですから、金稼ぎに加担するのも馬鹿らしいでしょ?

自戒も含め、あんまり無茶なことを言わないように気をつけたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク