ニコン カメラ売れなさすぎ問題と株価暴落でニコン終了のお知らせ

なんかニコンが業績不振、特にカメラ事業の不振に喘いでいるようです。

ニコン株価

コンデジは魅力がなく売れず、一眼はキヤノンに見事に惨敗

ニコンが8/7に2015年3月期第一四半期決算を発表しましたが、その内容は投資筋を激震させるに足る無残な内容でした。

4〜6月の売上高が前年比25%減、営業利益も41%減というとんでもない数字になっていまして、この結果を重くみたニコンは、当初の計画から売上高をマイナス400億円、営業利益をマイナス100億円も下方修正しました。

当初はカメラ事業を立て直して増益させるという楽観的なプランを描いていたニコンですが、たった三ヶ月で見込みを大幅に下降修正することになり、案の定、株価が大暴落しています。

ニコンはもちろんカメラとレンズの企業ですので、売上高の7割はカメラ事業が担っています。しかし、肝心のカメラ事業においてコンデジが惨敗の前年比4割減、一眼も3割減というほぼ『ニコン終了のお知らせwww』状態です。惨敗の原因をニコンは「カメラ市場の縮小もあるが、それ以上に売り上げが落ち込んでいる」と適正に観測しているようでそこは立派だと思いました。

コンデジはスマホで済ませる時代

これは別にニコンに限った話ではなく、コンデジはこの数年でどんどん市場を縮小していっています。スマホで手軽に写真が撮れて、すぐにSNSにアップロードできる時代になると、コンデジは無用の長物と成り果てました。数年前からコンデジにもWi-Fi機能やスマホ連携撮影機能が追加されてSNS時代に対応しようと努力していますが、初期設定やUIなどの使い勝手が悪く、特に、一般的に機械の扱いに疎い傾向がある女性ライトユーザへの受けはよくないように感じます。

要するに、面倒で使いにくい機能なんか誰も使わねーんですわ。

そこに加えて、ニコンは今日に始まったことではありませんが、そもそもの問題として魅力的なコンデジを作る能力がない会社です。こんなこと言ったらニコンファンはキレると思いますが、キヤノンやパナソニックやソニーの売れてるコンデジに対抗できるような、万人に対してオススメ出来るコンデジがニコンにはありません。惨敗は必然でした。

それが、ようやく、現実を直視せざるを得ない致命的な数字として現れてきただけの話です。自業自得のインガオホーです。

キヤノン完全勝利。長く続いたキャノニコ戦争はニコン完全敗北で終結。

一眼の売り上げも他社に切り崩されてしまい、特に一眼レフでは最大のライバルであるキヤノンに完全敗北を喫することになりました。半々に近かったシェア比率も大きくキヤノン側に傾くことになりました。市場の厳正な審判が下ったのです。

長らく続いたキャノニコ論争も、これで大きく変わるでしょう。両社はずっと戦い続けて行くものだと思っていましたので、意外な結果に終わってしまいました。残念でなりませんが。

まあこれで、口が裂けても『ニコンはキヤノンより優れている』とか『ミラーレスなんかニコンと比べたら家電屋(←パナソニックの事でしょうね)が作るオモチャ』などという煽りを聞くことは無くなるでしょう。鉄クズだか文鎮だか分からないものを高値で売っている会社が一体どこなのか、誰の目にも明らかになったわけですから。

なお、ミッキースミス・ネットは全てのカメラメーカに対してフェアな立場を貫きます!^^

本当です!^^

実際、キヤノンだってユーザのいうこと何にも聞かねえ小出しの後出し戦略で動きが鈍重なお役所体質企業ですからね。特定のメーカーに過剰に肩入れする気はありませんよ。シグマくらいの技術力があって尚且つ負けてる商売がヘタな会社だったら、ちょっとは味方しなきゃって気にもなりますけどね。

ちなみに半導体事業も医療分野もイマイチ

要するに、ニコンという会社は現在、ありとあらゆる部門がイマイチです。多分、更なる下方修正が待っているでしょう。次の決算前は状況をよく見て、売り注文掛けておくと良いかもしれません。(ここはカメラブログなのに……)

……このまま、また当初みたいにライフルの接眼鏡を作っていた時代まで戻るとか……日本光学の復活!?(ないない

会社四季報:http://shikiho.jp/tk/stock/info/7731

スポンサーリンク
スポンサーリンク