ニトリの椅子が返品交換しても不良品で命の危険を感じる

ニトリで販売しているワークチェアの一つ『ウォルター』なのですが、先日、購入したらものすごいハズレにあたってしまいまして返品交換となりました。

しかし、返品交換してもらったものが今度は同じパーツがパキンパキンという異音を立てる代物で、実際、ニトリの椅子が破損して頸椎損傷→酷い対応で鬱病に追い込まれたという事例もググったら出てきますし、そうでなくてもニトリの家具で骨折した事例は数多くありますので、僕も命の危険を感じています。

まだ購入して一ヶ月も経っていません。後述しますがニトリ店舗スタッフさんが組み立ててテストしてから返品交換に持ってきてくれたいわば『チェック済み品』ですので、それが異常というのでは困るのです。

もはやまともな商品が届くと信じることができませんので、今度は返品交換ではなく完全に返品(返金)したいと考えているのですが……

ニトリロゴ

お値段 “異常” ニトリ・リターンズ

経緯。

ワークチェア『ウォルター』を店舗で購入。

ブツはこれ↓

ニトリ実売9000円クラスの物。(ネットだともう少し安い)

これを自宅で組み立てたところ、座面がカクンカクンと斜め方向にがたつく……|;゚ω゚|

なんと、座面とガスシリンダーパーツに挟まれる形になる接合パーツ(ほか、リクライニングレバー等も付いてるパーツです)の溶接不良でした。人が使うものなのにテキトーな溶接で出荷する安心のチャイナクオリティ。

でもまあ、この程度の不良はニトリでは良くあること。あーあ、今回はハズレを引いてしまったなぁ……と、さほど困惑することもなく返品交換して貰うことに決めました。

以前の記事(ニトリで不愉快な思いをせずに返品交換するコツ)にも書いている通り、鬼畜なお客様サポートはすっ飛ばして店舗に電話して事情を説明。快く返品交換に応じてもらえました。しかも、返品交換の際は、ニトリ店舗側からの申し出で、組み立てた状態で搬送してもらえる事になりまして。(有難い!)

当然、その際に交換品のほうに異常が無いかもチェックしてもらっています。ですが、いざ実際に座ってみると……「パキン!」という音がするのです。先述した、同一のパーツが……しかも、初めは鳴らず、その日の夜(12時間後)くらいから鳴り始めるというソニータイマーっぷり非道っぷり。

(まあ、そのうちパーツが馴染んだら音が消えるかな?)

と思っていたのですが、2週間経っても全くダメでした。返品交換の時も、欠品や取り寄せミスのために10日近く椅子なしの生活を余儀なくされまして、流石にもう二度はないと思っています。今度という今度はもう完全返品で返金して貰いたいと考えています。

組み立てて持ってきてくれた人には悪いのだけど……こんなの、怖くて使えません。

実際に、ニトリの椅子では頸椎損傷など極めて危険な、最悪、人命に関わる事故が多数ネットに書かれています。二段ベッドの二段目が落ちて大怪我したとか、喰らった方はたまらねぇです。

この椅子も、多分、このままいくと折れます。変な場所にテンション掛かって金属がパキンパキン鳴ってるわけだから、そりゃもう、遠からず確実に金属疲労で破断します。

で、折れたときに、後ろに尖った物があって僕の身体や首や後頭部に突き刺さったら死にます。

もしくは、猫がいて潰したら死にます。

でも、ニトリはきっと責任などとってくれないでしょう。

その結果がこれです→ニトリ、品質管理で成果、重大事故4年ゼロ、製造業の手法、安全性確保――「縁の下」海外展開で責任大。

嘘つくなクソが!

……失礼。噛みました。

椅子一つまともに品質管理できないのに、品質管理という言葉を使わないで欲しいと思います。

ニトリ記事に関してはカメラ全く関係なくてカメラブログの記事としては読者に対して恐縮なのですが、ホント、たまんねぇほどウンザリしてますので……orz

その後 → ニトリ 初期不良→返品交換→また初期不良→返金/(^q^)\

まとめ → ニトリで不愉快な思いをせずに返品・返金するコツ(まとめ)

スポンサーリンク