『ニトダッチ』ことニトリのダッチオーブン! [シーズニング&レシピまとめ]

シェアする

2,490円!? 驚異的に安い! お値段が異常!

一般的に24cmモノで他のブランドだと1万を下るものは少ない中で、お値段異常を誇るニトリがまたやってくれました!

24cmで税込み2,490円!(19cmだと更に驚異の 1,490円!ひとりキャンプならこれやね。)

素材もちゃんと鉄鋳物で重さ5.36kg、容量3.9L。

ガス火とオーブン・炭火だけでなくIHにも対応しています。流石は鉄製。

ゾンビが攻めてきてもこれがあれば安心!(なにが?)

そもそもダッチオーブンとは?(普通の鍋と違うの?)

金属製(多くは鉄製)の鍋で重い蓋を持ち、蓋の上に炭をおけるようになっているものを指します。

この『蓋が重たい』のがポイントで、内部の水蒸気で蓋が簡単に浮き上がることなく、見事なウォーターシール効果でまるで圧力鍋のように作用して食材に熱を伝えます。

また、蓋の上に炭を置くことで、上下の熱源でもって食材を加熱する調理法も使えます。

更には、蓋の裏面を使ってフライパン……というか鉄板として使うこともできるので、アウトドアではこれ一つあるだけで調理の幅がグンと広がるのがウレシイ。

鉄鋳物なら揚げ物も可能です。

マルチに役立つ万能鍋といえます。特に、鍋がポイントであることが上記からも伺えるでしょう。

別名、『キャンプオーブン』『ココット』など。

メリットだらけの鍋ですが、唯一のデメリット(弱点)は……重いことだけ(笑)

19cmと24cmの二種類。どっちがいい?

アウトドアでも使うことを考えるなら、ひとりキャンプなら19cmでいいと思います。超安いし。

しかし、2名以上で使うなら少々心もとなく、3名以上となればもう24cmにしたほうがいいでしょう。

ただ、24cmがあるからといって19cmが不要になるわけではないので、19cmから始めてアウトドアでガンガン使っていく気になれば24cmにしてもいいかもしれません。

アウトドア用途が不要で完全に家で使うのであれば24cmがいいでしょう。

この場合、19cmでは物足りないでしょう。

シーズニングがやや面倒だけどマニュアルもついてる

大きいのでなかなか大変ですが、やっておかないとあっという間に錆びてしまうのでしっかりやりましょう。

手順はいろいろな『流派』があるのですが、ここでくじけてしまう人や敷居が高いと感じてしまう人がいいので、僕としては一番簡単だと思うものとして以下をおすすめします。(こんなやり方じゃダメだ!というご意見もあると思いますがまあ一例として。)

  1. 水をたっぷり張って強火にかけてグラグラ煮立たせて防錆ワックスを落とす。
  2. お湯を捨てて、中性洗剤(うちはジョイ君)で蓋と鍋をしっかり洗う。
  3. 洗い終わったら強火にかけて、換気扇をマックスに回す(めっちゃ煙出ますんでビビらないようにw)
  4. 煙がめっちゃ出ます。これって壊れるんじゃ!?と不安になると思いますが大丈夫です。
  5. 煙が出なくなったら火を止めてオリーブオイルを蓋と鍋の両方、全面に塗っていきます。鍋の裏もしっかり。
  6. ネギとか生姜とかのくずを入れて炒めます。
  7. ある程度こんがりと炒めたら野菜を捨てます。(食えますがひどい鉄の味がするかも)
  8. お湯で鍋を洗います。
  9. キッチンペーパーで水滴を残さないようにきっちり拭き上げます。
  10. 全面にオリーブオイルを軽く塗って保存します。
  11. 以上!

シーズニング作業中はとにかくやけど注意!

厚手の耐熱軍手やミトンを使いましょう。腕や手が触れたら100%やけどします。

やけどに注意。あと、小さなお子様とかマジ注意。

鉄鋳物なので当たり前ですけど調理直後〜しばらくはメタクソに鍋や蓋が熱くなります。

また、かなり重いです。単体で5.3kgで更に中にスープや具材入れると更に重い。

床に落としたらほぼ100%、床が凹んだり傷ついたりしますのでテーブル・食事場所に移送する際は十分に気をつけましょう。

しっかりした滑らないミトンでガッチリ掴んで、鍋敷きもちゃんと敷いて使いましょう。

安物のヘボいミトンで鍋を掴むと、やがて熱がミトンを貫通して来ます。アツアツです。

(※ 上記は、インスタ映え等を狙って食卓の上に運ぼうという女性に向けて書いています。重いし熱いのでやけどにはとにかく注意してくださいマジで。)

ハズレに当たったら返品交換!

すべての商品が手作りだそうですので、工作精度の悪いものもあるかもしれません。

店頭で触った感じと違うなこれ、使いにくいな、変だな、などと感じたときはすぐに買ったお店に連絡して返品交換しましょう。

快く対応してくれるはずですヾ|゚ω゚|ノ”

なお、当ブログの一番人気記事はダントツで『返品交換』の記事ですので、運悪く外れに当たった際はご活用ください^^;

追記:蓄熱効率が少し物足りないか?

高価なものと比べるとどうしても鉄の量が少ないため、蓄熱効率の面で少し物足りなさを感じるときが何度かあったのですが、まあ、比較対象がないならこれでも全く問題ないですね|゚ω゚|

ダッチオーブン活用レシピ

基本のローストチキン

  • 丸鶏(中抜き)  1羽
  • 人参       1本
  • とうもろこし   1本
  • にんにく     3〜4粒
  • オリーブオイル  適量
  • 塩・コショウ   たっぷり
  1. 丸鶏の中ににんにく(皮をむき3〜4粒)をねじ込む
  2. 丸鶏の周囲にオリーブオイル・塩コショウをたっぷり塗り込む
  3. 丸鶏をダッチオーブンに入れて強火で焼き色をつける
  4. 弱火にする
  5. 好きな長さで輪切りにした人参・とうもろこしを投入
  6. 蓋をする
  7. (もしあるなら)炭を蓋の上に乗せる
  8. 1時間じっくり焼く

他、定期的にレシピ追加していきます。

スポンサーリンク