ニトリ 初期不良→返品交換→また初期不良→返金/(^q^)\

ニトリロゴ

まーたカメラと違う記事書いて……と呆れられるかもしれませんが、今回はニトリの顛末を……

前回の話はこちらです。

さらば、お値段 “異常” ニトリズム

前回の記事に書いた通り、返品交換して貰った椅子がまた初期不良で、これはもう三度目もダメだろうな……と諦めが入りました。

ブログまでやっているくらいカメラが趣味ですので、中古レンズの初期不良・動作不良で買って速攻で無償修理とか、最悪の場合は返金したりとか、そういった処理そのものは慣れてるのですが、今回のように交換しても改善しないと思うとドヨ〜ンとした疲れに取り憑かれます……|;゚ω゚|

しかも、二件とも、ガッチリ溶接してるはずのパーツがきちんと溶接できていないことが原因の不良でしたので、下手すりゃケガするか死ぬわけでして……当たり前の話ですが、椅子なんてものはパーツがどれ一つ破損しても即座に使用者がヤバイ事になる家具です。ニトリという企業の恐ろしさを再確認しました。

現地の製造作業が雑というか手抜きしすぎな上に、最終チェック機構がろくに働いていないか最悪の場合は 初 め か ら 存 在 し て い な い という事になります。

ニトリ品質保証だなんだとドーダコーダ言いますが、QC(品質管理)が出来ない奴がなんでQA(品質保証)を誇れるのか本気で訳が分かりません。ニトリ流のジョークだという風に解釈しています。

ニトリ店員は運命の奴隷である

繰り返しますが、店舗で働く職員さんには何の罪もないと僕は考えています。すき家と同じで、ずさんな品質管理はニトリという企業が抱えている深刻で今すぐにでも改善すべき問題であって、現場の人間にはタッチしようがない場所です。

今回も、店員さんに怒る気は全くなく、思っていた事をそのまま伝えています。

一つ目は不運で済むが、二つ目についてはチェック済みであったことと、また同じパーツが同じ理由(溶接不良)で壊れていることから、これは運で済ませて良い問題ではなく品質管理に問題があって、ハズレの確率が高すぎるんじゃありませんか?と。

店員さんも「次もひょっとすると……あり得るかもしれません」との返答でした。オイオイ……いや、気持ちはよく分かりますけどね(苦笑)

客も店員も、箱を開けてみるまでそれがアタリかハズレか分からない状況で、その場限りのいい加減なことは言えませんわな……店員さんには、とても誠実な対応をしていただいたと感じています。

そして、別のチェアとの交換か返金を向こうの方から薦めてもらえましたので、残念ながら今回は返金という流れになりました。

とてもスムーズで返金を渋られるようなことは一切ない良い対応でした。特に揉めるようなこともなく、何かしらのトラブルを期待して読んでいる読者を裏切るようですが、記事としては非常につまらないものになってしまいました。

でも、これ以上トラブルが起こったら僕はもう返品すら投げ出して「もういい!今すぐ捨てる!金なんぞいらん!」となっていたでしょう(^^;

※展示品はイメージです

今回、返金後に展示品を全て見て回りましたが、工作精度が低いものも少なからずありました。例えば食器棚では、パネルが少し傾いていたり、スライドする際に動きがぎこちないものが幾つもありました。

安いのは安いと思いますが、常識的に考えて食器棚は1年や2年で買い換えるものではありません。材質がショボいのは我慢できても、工作精度は使い勝手や安全性にも関わってくる部分です。安くても、そこは手抜きして欲しくなかった。

そして、一番困るのが、展示品が良くても実際の商品がダメだったり、展示品はダメなのに届いた物は普通だったりするところでしょう。品質管理にばらつきがありすぎて、『※商品画像はイメージです』ならぬ『※展示品はイメージです』という状態になってしまってるように感じました。

今回の椅子だってそうですよ。展示品はマトモなのに、届いたものは二つ連続でおかしかった。

ニトリで家具を買うときは、届いた物に初期不良がないか厳重に調べましょう。

でも、消耗品はそこそこ良いですよ?

あんまりニトリ下げしてるとアレなので、良い所も紹介します|゚ω゚|

家具は実際に自分が買うものを確認不能なのでどうしようもないですが、消耗品についてはなかなかGoodなものが多いです。現品をその場で選りすぐりできますので、工作精度の低いものはその場で弾けますので|゚ω゚|b

実際に、うちはけっこうニトリの消耗品を使ってます。レンジ加熱対応のコーヒー&紅茶サーバーは愛用してます。安い。(税別380円)

ニトリを今後も必要に応じて使っていこうとは思いますが、家具はちょっと、よほどいい噂がたくさん耳に入らない限りなかなかその気にはなりませんわー|;゚ω゚|

→ ニトリで不愉快な思いをせずに返品・返金するコツ(まとめ)

スポンサーリンク