ニトリ 組み立てた後はもう返品・返金できないの?

組み立てた後の返品・交換・返金は……?

組み立てた後になって、返品したい・交換したい・返品するから代金を返して欲しい、という状況が発生・発覚するケースは少なからずあることです。

しかし、普通に考えると組み立てちゃったらもうダメなのでは? と思いますよね。

そのような場合にニトリとどのように話し合えば良いのでしょうか?

ニトリの提示する返品・交換ルールは?

商品到着後「14日以内」にて承ります。

◎次の商品の交換または返品は、お受けできません。

・一度ご使用になられた商品
・開封後の衛生用品(トイレ用品)
・消耗品(電池、電球、クリーナーなど)
・オーダー商品
・組み立て途中あるいは組み立て後の商品
・特別な事情がなく、商品到着より15日以上経過している商品

 ※いずれの場合も、不良品を除きます。

上記に該当するものは返品不可能と表示されています。『組み立て後』の商品(組み立て中も含む)はダメとはっきり明示されていますね。

ただ、2つの例外規定を置いていることもわかります。一つは『不良品』であること、もう一つが『特別な事情があること』(こちらの場合、14日ルールも除外されています)。

まずは一つ目を見ましょう。

原則、14日以内かつ不良品の時(不具合がある時)

まず、当たり前ですが商品が不良品だった(不具合がある)場合は当然に返品や返金の対象になります。

ニトリのネットショップで買った場合はサイトに返品・交換の申込みフォームがあります。そこに必要な情報を書き込んで送りましょう。手軽です|゚ω゚|b

また、実店舗で買った場合はレシート・会員証、さらにクレジットカードで買った場合はそのカードを揃えて、まずはレシートに記載の店舗電話番号に電話をかけて相談してみましょう。

以前の記事に書いたとおり、フリーダイヤルの相談窓口ではなく購入店舗へのダイレクトな電話で相談するほうがスムーズです。つーか、サポセンの品質が悪すぎます。

『特別な事情』があること(この場合、15日以上でも可能)

何をもって『特別な事情』に該当するのかは、もちろん、店舗側との個別的・具体的な話し合いで決定されると解するのが妥当です。14日以上経っているケースでなおかつ不良品ではない場合に検討する返品・交換ルートになります。

また、この場合、話合いの結果として『特別な事情』に当たらないとニトリ側が判断した場合、返品が認められない可能性もあります。

『特別な事情』の例は?

例えば、『店員に商品の機能を確認して買ったら、実際には店員が説明していた機能が備わっていなかった』という場合は、商品に不良品・不具合があるとは言えませんが、それでもなお返品・返金が可能になるケースが有ります。(民法でいう、錯誤(民法95条)による無効の主張に当たります。『購入目的を果たせないと知っていたら最初から買わなかったよ!』と正当に主張できるようなケースです。)

これは上記『特別な事情』に含まれるものと解されます。

ただし、ニトリが公式として必ず交換できると定めているケースには該当しませんので、あくまでも個別的・具体的に相談して認められれば返品・交換・返金等が許可される可能性があるに留まります。

購入店舗に電話をかけて、店員の説明と違っている旨を喧嘩腰にならずニュートラルに伝えることが大切です。

また、個別的・具体的な話し合いで返品・交換の適用が決まる以上、いくら15日以上経過していても交渉可能とはいえ、「あまりにも日にちが経ちすぎているよね?なんでもっと早く言わなかったの?」と見なされるような状況であるなら主張が通らない可能性もあります。取引安全の見地から、無制限に返品を認めるわけにはいかないからです。

まずは購入した商品をしっかり観察しましょう

基本的には、安い代わりに不良品が多いニトリですので、くまなく観察すれば傷や不具合が見つかるケースも多いですし、もしあるならそれを理由に返品や交換・返金をして貰えばいいでしょう|゚ω゚|

ちゃんと組み立てたのにぐらつきがある、なども不具合の一つですからね。

しっかりと交渉してニトリを有効活用しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク