ニトリ 購入商品の返品・交換方法まとめ(初期不良品・故障・保証など)

シェアする

ニトリx返品の記事もいよいよ古くなってきましたので、改めて書き直します|゚ω゚|

たくさん売っていてたくさん買う人がいる以上、どうしても初期不良に出くわす人も多いという宿命を背負っているニトリですが、いざ返品しようと思ったとき「はて、どうやって返品すれば良いのか?」「使ってしまってるけど大丈夫なの?」「トラブルになったりしない?」等の疑問を持つ人も多いです。

この点、ニトリはオープンかつフランクに返品規定を開示しているのですが、それでもなお顧客には伝わらないのが常。そら、そうですよね。初期不良というハズレを引く前提で買う人なんていませんから、説明なんか見ないですよ(笑)

というわけで、この記事の出番です。

そもそも、ニトリ商品の品質は?

基本的にニトリの商品には中国産が多いのですが、流石に10年20年と経つうちに「中国産だから一律ダメ」とも言えない程度に品質が良くなってきと思います。(反面、国産!メイドインジャパン!といっても品質が悪いものが目立つようになってきたのもこの10年でしょうか……)

とはいえ、総じて低コストで作られているわけですから、ある程度は品質に目をつむる必要があると思います。

運悪く初期不良を引いてしまったとしても、喧嘩腰にならないようにしましょう|゚ω゚|

「そーゆーもの」「安かろう悪かろう」「お値段異常」……そのくらい気軽に捉えましょう。

返品に必要なもの・条件

  • 購入から14日以内
  • 購入レシートまたは購入履歴の記録されたメンバーズカード
  • クレジットカードを利用した場合は当該クレカとクレカレシート

以上が、まず基本条件となります。

これを満たしていない場合、原則として返品ができません。

ただし、社会通念に照らして通常期待される程度の性能・品質を満たしていないような明白な初期不良や、使ってからはじめて不良が発覚したものについてはなお返品できる可能性があります。また、商品ごとに保証期間が設定されていますので『返品』ではなく『保証』で片付く場合もあるでしょう。

とはいえ、基本的には買ったものはすぐに動作確認等を済ませましょう。

更に、上記に加えて返品の可否について条件がつくものが一部例示列挙されています。

返品不可能なものとしてニトリが例示

  • オーダー品(カーテンは既成品でないオーダーカーテンを含む)
  • 加工・改造した商品
  • 消耗品(電球など)
  • 開封後の便座カバー(未開封なら返品可能)

返品の手順

購入店舗に上記の必要なものと商品を持っていくか、事前に購入店舗に電話確認しておくと良いでしょう。

『返品交換』になるのか『返金』になるのかは担当の方と話し合った上で決定してください。

既に使っていたものが故障した場合

商品ごとに定められている保証期間がありますので、保証書を手元に用意して購入店舗に電話しましょう。

消耗品は一般的に保証がつきませんが、ニトリでは「1年・5年品質保証」と銘打ってインテリア小物や組立家具などには1年、テーブルやソファ・ベッド・大型家具などには5年の品質保証が付きます。

年月が過ぎて同じ商品がない場合は、同等品への交換が提案されると思います。また、ランドセルは6年の保障がついたりと、商品によっては例外的な保証期間がついたりもしますので、購入時にチェックしておきましょう。

この場合は、返品というより保証による修理・交換になります。

なんだかんだで保証書は取っておくと良いです|゚ω゚|

以上!手短に纏めました!

(以前の記事は椅子が初期不良を抱えていてぶっ壊れてバックドロップで死にかけて、返品交換したものも異常で……という事があって怒りを抱えた記事でしたが、もう何年も経ちましたので怒りも収まりコンパクトに纏められました(苦笑))

旧記事:ニトリで不愉快な思いをせずに返品・返金するコツ(まとめ)

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク