DMC-TZ70 焦点距離720mmまで出るコンデジ! EVF搭載で凝った撮影もできる!

こんにちは。ミッキースミスです|゚ω゚|

一眼持ち歩くのはなんだかんだで疲れるものでして……ガチで撮るとき以外はズームの効く高倍率コンパクト持ち歩いて、手ブレ補正使って気軽に撮影するほうがいいんじゃね?って思い始めてる今日このごろです。

今回はパナソニックの高倍率コンパクトシリーズから TZ70 を紹介します!

panasonic-tz70-front

長く続く安定のTZシリーズ!

高倍率コンパクトとしてずーっと続いているTZ系ですが、この数年で系統が2つに分かれてきた感がありますね。

従来型の倍率重視・頼れるズームの系統と、また別の記事でいずれ取り上げますが、自撮りのために背面液晶がグルンと全面に回るシリーズに分岐しているようです。

売りとなるのは?

ファインダー搭載

ズーム効かせると、ファインダーがないとやっぱり使いにくいすよね〜。

目の高さより下になると液晶画面みながらのほうが合わせやすいケースも増えるんですが、目線で撮るなら断然、ファインダーを使ったほうが構図が取りやすい。

ファインダー搭載は英断だと思います。

ライカレンズ&30倍ズーム&高感度……と言っても、過信はなさらぬよう。

35mm判換算で 24-720mm(F3.3 – 6.4)ですね。F3.3スタートなのではっきり言って暗いレンズですが、焦点距離とカメラの値段を考えるとこんなもんだと思います。

高感度ではありますが、ISO6400までで止まります。これも昨今の本気な高感度カメラと比べると一歩見劣りする数字です。

とはいえ、このクラスとしては十分に使えるでしょう。

手ぶれ補正&超解像技術

この辺はTZシリーズの伝統といえますね。解像度を落とすことでよりズーム域を伸ばせる超解像技術は、ズームを更に伸ばすことが出来ますので僕もかなり使っている機能です。コンパクト機を使う利点はここにあります。画質で劣るものの、一眼と違ってずっとずっと遠くまで撮れます。(一眼だと数十万するレンズと同等以上の焦点距離になるのは助かる)

フルHD動画対応

最近、動画機能あったほうがいいっすよ。うちは猫を飼っているのですが、いちいち一眼で撮ってられませんもん……お子様のいるご家庭では、一台で両方こなせるこの手のコンデジは屋内だけでなく運動会などの野外でも重宝するでしょう。

Wi-Fi搭載

この辺も昨今の基本機能になってきてますね。撮ったらすぐさまスマホやPCへ無線転送したり、SNSにアップロードしたりと大活躍です。

結論:いつも通り、ソツのない仕上がり

コストパフォーマンスに優れるいつも通りのオススメシリーズですね。

ファインダー搭載で使いやすくなりました。これよりも性能の高いものが欲しい人は、同社のハイエンドコンパクト機に向かうと良いでしょう。

正直、1万そこらのカメラを買うくらいなら、こっちを買って何年も使うほうが(実際、使える)はるかに良いでしょう。

オススメです|゚ω゚|

スポンサーリンク