RX100M3 シューを捨ててしかもデブったが相変わらず傑作

名作 RX100 系の最新型 RX100M3 が正式発表されましたね。

だいたい海外の噂通りのスペックでした|゚ω゚|b

RX100 初代には非搭載でM2で搭載したマルチインタフェースシューをM3でまたもや撤廃した所に色々と思う所がありますね。

というのは……

RX100M3

RX100M3 は『一眼の代わり』ではない純然たるコンデジ

いかに優れたコンデジも、マルチインタフェースシュー(アクセサリシュー)が付いていない時点で一眼の代わりにはなれません。代わりというなら、スタジオ撮影や多灯撮影もこなせなければならないと僕は考えています。

その点、シューがあればスピードライトを付けてのバウンス撮影や、モノブロックとのシンクロの時にカメラ本体にその機能が無くてもシューに端子を増設することで対応できます。連携でなくとも、LED照明や水準器をシューに付けることも出来る。僕はどうでもいいけど、好きな人にはたまらない外付けOVFだって付けられる。

このようにアクセサリシューの有無で、カメラとしてやれることの幅がグッと広がるわけです。他社の高級コンデジにはシューを搭載したものが少なくありませんが、あれはやはり助かります。

ですが、実際にコンデジに色々と付けて凝った撮影をしている人というのは少ないと思います。(僕だってそんなことする暇あったらとっととフルサイズ持ち出して撮影します(笑))

PowershotやシグマのDP、フジのX100やX20など、色々と付けると一眼顔負けの写真が撮れる機体も少なくありませんが、それらはカメラ好き(当然、フルサイズくらい当たり前のように持ってますよ)が手持ちの機材でする『お遊び』『曲芸』の領域に過ぎません。

あとは旅行先にゴテゴテと一眼一式を持って行きたくないから高級コンデジを一眼の代わりとして、専用の小型フラッシュ程度で留めておこうという人の為のアクセサリシュー搭載機ではないかと思います。

RX100M3 は、アクセサリシューを搭載しないことで一眼の代わりになることを捨てたのではないでしょうか? せっかくM2でシューを装備したのにまたもや捨てたというのは尋常ではありません。

『そういう一眼の真似事は RX1 に任せてね』……ソニーはそう言っているのです。

このカメラは、あくまでもコンデジという区分の中で最高を目指している。そんな風に感じました。

本当にT*です!

RX100 初代の頃からそうでしたが、とにかくフットワークが軽くてどこにでも持ち出せて、画質も結構良い所がウケにウケた。理屈抜きで楽しいカメラです。

今回の RX100M3 は少々デブってしまってポケットには収まりにくくなりましたが、スペックを見るだけでも使ってみたくなります。おそらく、M2ユーザですらそう思うでしょう。

ZEISS バリオ・ゾナーT* 24-70mm F1.8-2.8 搭載で画質については言うことなしでしょう。それにしても、RX100 に最初  T* と付いてるのを見たときは何かのジョークかと思ったのを思い出します。まさかの、本当にT*コーティングされてるんですよね〜。ソニーすげえや。

散々他のサイトでも書かれていると思いますが、スペックについては以下の通り。

  • T* 24-70mm F1.8-2.8
  • 3段分のNDフィルター内蔵
  • 1.0型 2010万画素CMOSセンサー
  • 新型BIONZ X
  • 5mmほどデブった(ポケットに入らないかも)
  • 収納式有機EL電子ビューファインダー
  • 180度チルト液晶(自分撮り可能)
  • 動画形式 AVCHD + XAVC S記録方式に対応(フルHDを50Mbpsで記録可能)
  • Wi-Fi / NFC機能搭載(スマホ連携)

2014年5月30日に発売で、ネットでの予想売り出し価格は8万円中盤くらいでしょうか?

年末商戦までには8万円を切っているでしょう|゚ω゚|

中古市場に RX100 や RX100M2 が大放出されるでしょうから、狙っていた人は必見でしょうね!

2014/6/1 追記:

DP Reviewさんにテストデータがアップされました→RX100M3 テスト用データにM3データも登場!M2との差が一目瞭然!

2014/06/03 追記:

DP Reviewさんに作例がアップされました→RX100M3 広角端の開放寄り気味で周辺が流れるがまァ気にするな!

公式:SONY RX100M3

スポンサーリンク