『私が〜〜を買わない理由』作文をやめるだけで貴方の人間的な評価は必ず上がる

猫

最初に言っておく! この記事は愚痴だ!

この記事はカメラの情報ではなく単なる僕の愚痴になります。その旨どうかご了承ください|;゚ω゚|

カメラ情報のブログを書いてそこそこになりますが、今も国内外のいろいろな有力サイトを見ています。去年は本業の忙しさにかまけてブログ更新が滞っていました。(すみません。)

そんな色々なサイトのコメント欄でよく目にするのが、あるカメラに対して『◯◯だったら買うのになぁ〜』という旨の発言。

これが僕、すげえ大嫌いなのです。

『私が〜〜しない理由』作文

例えばフルサイズ一眼なんか顕著ですね。欲しいけど買えない人がアーダコーダと今も昔もおそらく未来もずーっと、『私が〜〜を買わない理由』作文ばっかり書いてるのでしょう。でも、そんな暇あったらネット上で出来るバイトや残業の一つでもすればいいのですよ。一ヶ月1万円の貯金を2年続ければ24万。価格がこなれたボディのみなら十分に買える金額です。もしくは、毎月1万円の貯蓄が必ず出来ると確信している人ならローンを組んで買うでしょう。

でも、そうしない。何故か?

なんだかんだ理由をつけて買わないのは、その人には不要なものだったというだけのことです。

カメラはツール。必要な人だけが使えばいい。

カメラはツールです。必要がない人が道具だけ持っていてもしょうがない。

『重い』とか『レンズが大きい、かさばる』とか、そんなことはフルサイズセンサーでしか切り取れない世界やフルサイズ機にだけ許されたプロ仕様の耐久性といった唯一無二のスペックが必要な人にとっては瑣末な問題であって、迷う理由は資金面以外には全く存在しないんです。

フルサイズ機がどうしても必要な人は、もう、買わざるを得ないんです。

資金面以外で迷っているという人には、たぶん必要ないものなんですよ。

みんながみんなフルサイズ機を使う必要なんかありません。フルサイズでしか撮れない写真は確かにありますが、APS-Cやミラーレスすら使いこなせない人が必要とするものではありませんしね。憧れと現実は別個に考えておいたほうがいいですよ。

『今はカローラ、いつかはクラウン!』(←旧時代の考え方)と同じように『いつかはフルサイズ!』みたいに考えてる人が存外に多いのですが(こいつら、一体、なにを言ってるんだ……!?)と困惑してしまいます|;゚ω゚|

そういうもんじゃないんです。ツールですから、必要ない人が持つことはないんですよw

年齢を言い訳にするのは最低

言い訳も色々あるんですが、狡猾な手合になると「自分はもう年寄りだから重いカメラはちょっと……」などと、それらしい理由を言い訳に入れてくる輩も多いんですが、完璧になにか勘違いしてますよね。良い年してそれはないわ〜って思います|;゚ω゚|

要するに『自分でも扱える重さのフルサイズカメラがあれば買ってやってもいい』と言っているわけですよ。どんだけ偉そうなんですか。何様ですか。

重いなら重く感じないように体を鍛えればいいだけのことだし、鍛えないのは単に自分の責任です。

これ、一部のレンジファインダー信者なんかにも多いですね。老眼を理由に出してくるの。だから、知らないんだって、そんなことは!(苦笑)

実際に、高齢でもフルサイズぶん回して山登って超絶な写真を撮っているカメラマンは沢山いますが、彼らだって同じ人間ですよ。

「だって、そこまでする気はないし……」

だったら、黙っていなさい。

金が無いとか、体がついていかないとか、そんなことは他人や世界には関係ないことなんです。

APS-Cは持てるけどフルサイズは無理とかどういったって最終的には言い訳です。

趣味の世界で言い訳してもしょうがないです。

自分の評価を下げるだけの行為は早くやめましょう。

今日もネット掲示板やブログのコメント欄で『私が〜〜を買わない』作文をこねくり回してるそこの貴方。

その行為をやめるだけで周囲からの評価も変わりますよ?|゚ω゚|

SONY Cyber-shot RX100 2020万/光学x3.6/ブラック

Panasonic デジタルカメラ ルミックス FZ70 光学60倍 ブラック DMC-FZ70-K

スポンサーリンク