Moment 収差が少なく解像感に優れるただ一つのスマホ向けレンズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのベンチャー企業 momentlens.co が高性能なスマホ向けレンズを開発したようです。

その名も、Momentレンズ!

スクリーンショット 2014-01-15 16.36.51

映画用レンズで収差を大幅に減少することに成功。

まずはサンプル写真を見てください。(全てMoment.coからの引用になります)

これらは全て、iPhone5(一部、iPhone5S)+ Momentレンズで撮影されたものです。

最初の二つが広角(レンズ:Moment Wide)、残り二つが望遠(レンズ:Moment Tele)を使用した写真になります。

スマホにボルトオンするポン付けレンズとしては考えられないほど画質がいいですよね?

このMomentレンズでは、映画用のカメラレンズを使用することで歪み無く、収差も抑えた高画質を実現しているとのこと。スマホに取り付けるレンズとして、小型化と高画質化の両面から追求している姿勢が分かりますね。

トイカメ風とは一線を画す画質

色々なスマホ向けレンズを見てきましたが、イマイチ、玩具気分から抜け出ていないというか、トイカメめいた感じの写りになる物がほとんどだったように思います。

中央部だけシャープで、周辺にいくほど流れていたり露骨に周辺減光してるような感じの仕上がりは、それはそれで悪くないのですが、今時その程度ならスマホアプリでどうとでも加工できますからね。

しかし、この作例を見る限りオモチャではなくけっこうガチな感じのように思います。無論、一眼やそれなりのコンデジに敵う物ではありませんが、画質を落とさないまま焦点距離を変えてくれるだけでも凄く助かる物です。

デジズームなんぞ画像の単純拡大で、画質劣化させてるだけですからね。そこは光学的なズームでないと。

どちらも欲しい広角と望遠

画角の違いがよく分かる作例は以下の通り。

これは……両方欲しくなりますね?|゚ω゚|

詳細スペック

スペックは上記の通りですが、要約しますと以下の通りです。

要約:元々が広角のところを、超広角と標準に出来る!

iPhone5Sの本来の焦点距離が35mm判換算で29mm

Galaxy S4の本来の焦点距離が35mm判換算で同じく29mm

これが、それぞれのレンズを取り付けることで以下のように変化します。(焦点距離は全て35mm判換算のものになります)

Moment Wide(広角レンズ)

iPhone5S:18mm(超広角)

Galaxy S4:19mm(超広角)

Moment Tele(望遠レンズ)

iPhone5S:58mm(標準)

Galaxy S4:62mm(標準)

広角といっても実質的に超広角だし、望遠と言っても実質的に標準画角になる、と思ってOKです。

歪み無き超広角

元々が広角なので、更に広角レンズをつけることで超広角になりますが、レンズ経が小さいことと高品質なレンズを使うことで、一眼における超広角のように強烈な歪みが付かない、という解釈であっているんでしょうか?

それくらい、この作例は歪みがありません。レタッチもしてないようですし……個人的には『本当にこれが18mmなの!?』という感じです|;゚ω゚|

例えば、キヤノンのEFレンズで24-105mmの有名なレンズがありますが、あれのワイド端24mmを使おう物なら、カメラ本体の歪み補正をオンにしても補正しきれていないほどのタル型歪みが出ます。(正直、使い物にならないと思うレベルで。実際、35mm-90mmまでしか使っていません。)

歪みのない18mmとか、一体どんな世界なんでしょうね。

安定の標準画角

望遠レンズのほうは、先に書いたとおり実質的に標準画角になります。

それも、50mmではなく60mm前後。標準としては、けっこう使いやすい画角といえます。たかが10mmの違いですが、けっこう違う物です。それは、タムロンの60mmマクロを(ちゃんとフルサイズ機でw)使ったことがある人なら誰でも感じるところだと思います。

60mmは個人的には大歓迎。面白い写真がいっぱい撮れそうです|゚ω゚|

一眼の世界では50mmが標準画角とされています。確かに、『使いやすい安定した画角』ですが、同時に『凡庸になりがちで退屈な画角』でもあります。

それをカバーするのが腕前じゃろがい!という意見もあると思いますが……まあ、古くさくてつまらない向上心の塊のような意見は無視です。無視。

あなたも出資してみる?

さて、このゴイスーなレンズ、実はまだ製造されていません。

Kickstarterを利用して出資者を募っている段階です。ただし、開発スタートのための目標金額5万ドルは現時点(2014/1/15時点)に既に軽くクリアしているようですので、2/14の締め切りが終われば粛々と製造される物と思われます。責任は持てませんが(笑)

出資段階であれば、通常99ドルのうえに日本で発売されるかどうか不明なこのレンズがそれぞれ49ドル、二つなら99ドルの出資で手に入ります。国外送料は1本2100、2本なら2600円だそうで。

予定されている発売は2014年の6月。けっこう早いな、というのが感想です。夏には良い写真がいっぱい撮れるかも?

とりあえず、僕はこういうガジェットが大好きなのでサクッと出資することにしました。届くのが楽しみですよ|゚ω゚|

Moment.co

Moment Project @ Kickstarter

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク