EOS-7D Mark2 は発売されない? それともフェイク?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Canon Watchさんによると、E0S-7D Mark2 は発売されないのではないか?とのことです。

これまで散々、今年の春に発売される的な噂が飛び交っていたのですが、一体どういうことなのでしょうか?

7D Mark2 を考える:APS-Cは転換期を迎えたか?

This is a pretty weird rumor, but since it comes from a good source I decided to post it anyway. The source stated that Canon will not replace the EOS 7D with a new model, i.e. with the long rumored EOS 7D Mark II. This rumor goes against what we and others have posted in the past months about the 7D Mark II (all 7D2 rumors here).

書かれているとおり、今までの噂とは真逆の情報になりますね。

7D Mark2 としては発売されないが、後継機としてではなく、フルサイズや他の規格なのではないか?という疑問もあります。

また、実はこの噂はブラフで、 7D の在庫を一掃する為のフェイクなのではないか?という推測もあります。

万能の 70D と連写機としての 7D

性能的に現行のEOS-70Dはとても優秀で、二桁EOSに求められるセミプロ機としての本分を果たすには十分な性能を持っています。(60Dはその点、非常に中途半端でしたね)

それまで噂されていた7D Mark2のスペックは、70Dと比べるとさほど……という感じでしたので、このままフルサイズ連写機のエントリーモデルとして別の型番に化ける可能性もありますね。

APS-Cという成熟した規格

高級コンデジや一部のミラーレス機にAPS-Cが採用されたり、フルサイズカメラが安くなってきたり、APS-Cカメラの画質が向上して一昔前の中判カメラに近づいてきていることもあり、APS-Cという規格がここしばらく揺れているように思います。

また、カメラとしても、 7D の連写機構は技術的に煮詰められたもので、これ以上の劇的な連写速度アップは難しいのではないでしょうか。 1DX という真のフラグシップ機もありますし……

そして、 7D のファームウェアアップデートが去年に行われたことも考えると、やはり、今回の噂通り 7D 後継機はしばらくは無いのか?とも思います。

7D Mark2(仮)がどのようなカメラとして生まれ変わるのか、それともやっぱりそのまま発売されるのか。

そのあたりで、キヤノンがAPS-Cのこれからをどう考えているのかが見えてくるのかも知れませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク