STYLUS 1 がしっかりと『なんちゃってOM-D』してる件について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリンパスが高級コンデジ「OLYMPUS STYLUS 1」を11月下旬に発売します。

形状がOM−Dに似せて作られているので、好きな人にはたまらないでしょう(笑)

……という記事を去年の発売前に書いていましたが、発売後にブログが吹っ飛んだので大まかな骨子はそのままに、発売後の記事としてリライトしますね(汗)

STYLUS 1

STYLUS 1 – OM-DスタイルのEVF内蔵ハイ・コンデジ!

F2.8通しで28-300mm相当(35mm判換算)。

撮像素子は1,200万画素CMOSセンサー。RAW対応。

見た目が同社 OM-D に似ているのが最大の特徴だと思いますが、見た目だけではなく性能も伴っている名機に仕上がっています。

144万ドットのEVFを内蔵していて、光量補正によって見やすさを補正しているので旧世代のEVFより格段に見やすくなっている。EVFって基本的にOVFと比べてちょっと暗いものだけど、このEVFはけっこう頑張っているので、後述する高性能な手ぶれ補正と合わせて、暗所での撮影がグッと楽になっている。

面白いのが、ズームレバーが二つ付くところ。シャッター側とレンズ鏡胴・左側。上の写真を参照。

昨今の基本機能であるWi-Fiもしっかり搭載しており、スマホ連動やスマホライブビュー&シャッターも可能。写真をPCに転送するのが格段に楽になった。

手ブレ補正は3段分。オリンパスは手ブレ補正技術が相変わらず飛び抜けていて、本当に3段分の性能を持っている。

感度はISO100~12800。6400くらいが現実的という感じ。3200くらいなら気にせず使っていけるくらい高感度でも低ノイズ。

連写速度は7コマ/秒。高速なSDカードを使用することで連写性能を最大限に発揮することが出来る。

動画はH.264のフルHD。僕は動画はほぼ撮らないのでよくわからない。

液晶モニターはタッチパネル式で上下可動タイプ。

重さは約402g(バッテリーと記録メディアを含めて)

オプション品はこんなの。

自動開閉キャップ

あると便利でしょう。僕は手持ちのコンデジの多くに自動開閉キャップをつけてます。改造して無理矢理つけてるものも含めて(笑)

テレコン CLA-13

同社・既存のテレコン TCON-17X を装着するためのアダプター。高い。3500円以上する。開放F2.8のまま510mm(35mm換算)の撮影ができるが、アダプタでこれは高い。あと、TCON-17X本体はもっと高い。

他、定番のレザーケースやアイピースもあるが買う人しか買わないだろうから割愛。

結論:で、実際ンとこ、どうよ?

5万円前半になったら『買い』だと思います。オリンパス好きならね。

今更になって OM-D を買うよりいいかもですよ?|゚ω゚|

つーても、OM-D は新品も中古も安くなってきてますけどね……

スポンサーリンク