EOS-1D X Mark2 が2014年ではなく2015年に発売されるっぽい噂

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、アジア大会2014にて日本水泳選手の冨田尚弥(25)が現地カメラマンから盗んだことで一躍脚光を浴びたキヤノンの 1DX ですが、このブログをご覧になるような方々には皆さんご存じの通り、もんげー高いカメラですから、不埒者の有無を問わず油断は禁物ということでしょう。人を狂わせる魔性のカメラです。(嘘です。あの野郎が手癖の悪いカスだっただけです(笑))

大体、日本代表というたいそうな肩書きを背負って窃盗とかマジふざけてんのかテメエ、ゴメンじゃ済まねえぞって話です……(^^;

まあそれは兎も角として、表題の通り、後継機の噂が来ていますね。Canon Rumorsさんからになります。

EOS-1D X Mark2 – 7D2 との差違をキッチリ付けてくるでしょう

原文:

There’s been some talk about an EOS-1D X replacement some time in 2014, and it has been discussed even more with the apparent price drop on the camera through grey market retailers.

I have it from a good source that the EOS-1D X won’t be replaced in 2014, but should see an update in 2015. This is a pretty safe bet, especially judging by the EOS 7D Mark II features. That brand new 65 point AF system should be making its way to the EOS 5D Mark IV and EOS-1D X Mark II within the next 12-18 months.

テキトー訳:

キヤノンのEOS-1D X 後継機が2014年中に登場するという話があるが、今回、信頼できるソースから2015年の発売という情報を得た。

これは、EOS-7D Mark II の仕様から考えて可能性の高い話のように思える。新しい65点AFは、5D Mark IV や EOS-1D X Mark II に、1年〜1年半以内に搭載されるはずだ。

リプレースにはまだ早い

そもそも 1DX の発売日が2012年6月なので、この手のフラグシップは3年ごとのリプレースでしょうから、2015年発売のほうが噂としては「らしい」感じがしますね。口コミを見ていても、そのように予想している人が多いです。このクラスのカメラはだいたい、スケジュールが常識的なサイクルにならざるを得ないですもんね。

当然、性能の上がった7D2との差はキッチリとつけてこなければフラグシップではありませんから、何かしらの差違は付けてくるでしょう。噂にある新しいAFについても、新設計するのが妥当じゃないっすかね。

画像エンジンは Dual DIGIC5+ からアップグレードの Dual DIGIC6+ になるんじゃないかなー?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク