X100T をテストしていた写真家が誤ってFlickrへアップした事案

Fuji Rumors に富士フイルム X100T のサンプル流出事件に関する情報が寄せられています。

(当然、極秘で)テスト中だった写真家が誤ってFlickrに載せてしまったということですが……?

X100T – 焦点距離が明らかになった!

原文:

Apparently, David Hobby uploaded a set of sample images from the X100T to his Flickr account by mistake. The images have since been removed, as he broke his NDA (non-disclosure agreement) by publishing them.

The name is nothing new for FR-readers. I told you over a month ago that X100T could be the name of the X100S successor. The focal lenght remains 23 (APS-C, according to mirrorlessrumors).

テキトー訳:

「写真家 David Hobby氏によってFrickrにアップロードされた写真がフジフィルムの X100T だったことが明らかになった。写真はすぐに消されたそうだ。(勿論、守秘契約違反だからだ)」

「X100Tという名前は既に噂されていた通りだったが、流出した写真のタグからレンズの焦点距離が 23mm であることが明らかになった」

高画素化もいいけど高感度性能のほうが大切なんじゃないか?

噂が本当なら、富士フイルムも高画素化に向かっているということになりますが……しかし、X100 はそういうカメラでは無いと思うんですよね。画質を追求するカメラじゃ無くて、持ち出してシャッター切りまくるのが楽しいカメラという路線だと僕は考えていて、いくら単焦点とはいえ手ブレ補正があったほうがいいし、高感度性能アップしたほうが嬉しいんですが。

ていうか、高画素化とか僕だったらいらないなー。

レンズの焦点距離が23mmとのことですが、これは現行の X100S と同じですね。おそらく、設計は新しくなるんだと思いますが。たぶん。

Fuji RUmors – First samples taken with the X100T uploaded by David Hobby, but quickly removed

↓ X100、安くなってるなぁ……X100Sより初代のほうがオススメなのよね。絵作りが。

スポンサーリンク