X100T? X200? 富士フィルムがX100S後継機を9月に発表するという噂!

Fuji Rumorsさんに、富士フィルムのハイコンデジ X100S の後継機について噂が出ています。

型番は、かねてよりの噂では X100T ということになっていましたが、X200 である可能性もある、とのことです。

詳細は以下で。

X100T , X200 – 今年のフォトキナはちょっとすご過ぎないか?

原文:

Let’s start with little rumor summary about the X100S successor.

February: Back in February I’ve spread the first rumors (of a new source) about the X100S successor giving the following specs: 24MP X-Trans sensor, faster AF than X100S, tilt screen, new fixed lens, new EVF, better than X100S, but not as much as X-T1, wider detection area.

May: Then, in May, mirrorlessrumors confirmed that the camera will feature an APS-C X-TRANS sensor and also said that it will be announced at photokina (September).

July: Now, also the usually well informed xjurmo confirms the specs: 24MP ASP-C sensor, better EVF and faster AF.

The Name: If you remember, I told you here that a new source shared a rumor with FR that I couldn’t publish because it said: “Please confirm it with your other sources first as marketing department might change the plans“. I did my homework and had a talk with our top trusted Japanese source. And it confirms: Fuji has plans to call the X100S successor X100T. So I shared the rumor. Now xjurmo’s source said that the name could be X100T or X200. So maybe the final word has not yet been spoken? However, he confirms that both option are/were on Fuji’s table.

  • X100T (TS + NeS)
  • 24MP (NeS + ORS)
  • X-Trans Sensor (NeS + ORS)
  • faster AF than X100S (NeS + ORS)
  • tilt screen (NeS)
  • new fixed lens (NeS)
  • new and better EVF (NeS + ORS)
  • wider phase detection area (NeS)
  • announcement at photokina (ORS)

テキトー訳:

「ヒャッハー! ちょ〜っとばかし、X100S 後継機の噂をまとめよぉーかぁー!」

「2月にあった噂では、24MP X-Transセンサーを搭載し、チルトモニタ、新型の固定式レンズ、X100S以上でX-T1未満の新型EVFを搭載してくるとあったな! AFは高速化されて改善しているとのことだった」

「そして、5月にMirrorlessRumorsが掴んだ情報によると、このカメラはフォトキナで発表されるってことだ! そして、xjrumoが今掴んだ情報によると、このカメラが24MP APS-Cセンサーであるということだ。また、良好なEVFと高速なAFを搭載しているそうだ!

「後継機の名前は、X100T になるだろう! いやいや、しかし別のソースでは X200 という噂もあるがな! まあ、とにかく、発表されるってことだ!」

ちょっと更新が早い?

初代 X100 が2011年3月発売、二代目のX100Sが2013年 2月発売であることを考えると、この噂通りにフォトキナで9月発表されて年末頃に発売するとなると、2年ペースだったのが一年半少々に短縮されたことになります。ちょっと早い気もしますが、それだけこのセグメントが加熱している証左かもしれませんね。

以下はスペックの噂に関する個人的な感想です

噂が本当かどうかわからないけど、本当であるという過程ですけどね。

チルト液晶なんざいらねぇんだよ……このカメラは、そういう『巷にありふれた便利カメラ』じゃなかったはずだ。

もし本当にチルト液晶が搭載されるなら、富士の開発者は完全に初心を忘れてしまったということだろう。

実際、X100Sの画質だって、綺麗にはなったがX100のほうが味があると僕は感じたし、このままどんどん凡庸なカメラになっていくなら嘆かわしいことだ。

売れなきゃ会社が傾くのはわかるが、尖っていたからこそ一部のマニアに受け入れられたシリーズを、他のラインナップみたいな富士フィルムお得意のなんの面白みもないノスタルジックなだけの凡庸なカメラ(←すみません)に仕立てあげて、一体、何をどうしたいんだろうか?

どうか富士フィルムには、初心を思い出して X100 のようにとにかく無性にシャッターを切りたくなるような愉しいカメラを作って欲しいなと思うばかりです。

あと、チルト液晶つける位なら、なにを今更……って言われてもいいから手ぶれ補正いれとけ。いくら明るい単焦点でも、オメーらは技術不足で高感度性能がクソなんだから屋内でやや辛い場面も多いんだよ。明るい単焦点なら手ぶれ補正無しでいい!(キリッ でいつまでも逃げられると思うなよ。大概にせえよ。

Fuji Rumors – xjrumo confirms: X100S successor announcement at photokina, better AF and EVF + 24MP

スポンサーリンク