リコー CP+でAPS-Cフラグシップ機を検討しているという話

海外rumorサイトで、CP+でリコーイメージングがAPS-Cフラグシップ機を検討していると話していた内容について触れられています。

「我々は、APS-Cフラグシップ機の必要性を感じている」

We plan to continue in a direction that allows us to fully utilize the strength of our products such as DSLR cameras and the THETA line.

『我々は、自社製品の強みを十分に活かせる方向に進んでいく。一眼レフやTHETAのような製品だ。』

Compactness and quickness are advantages of the APS-C format compared to full-frame.  We feel that there is a need for an APS-C flagship model with these advantages.

『フルサイズと比べてAPC-Cのほうがサイズと速度で勝る。これらのアドバンテージを活かしたフラグシップ機が必要だと考えている。』

「K-1 のセールスは予想より好調である」

The K-1 will be sold for a longer period (than other models).  Current sales are as good as expected.  The K-1 was targeted at experienced PENTAX customers and was designed based on an outdoor field shooting concept.  We have received lots of customer testimonials for its high performance and unique features.

『K-1 は予想より売れている。高いコストパフォーマンスと他社にない機能が評価されている。』

大本営発表かよ……と思いつつ(苦笑)

まあ、予想より売れていても全体的な戦局は覆らないのでしょうね。

次に、ミラーレス分野について質問されています。

「ミラーレスについて具体的な計画はない」

この期に及んでこんな発言してるのだから、もう全然ダメでしょう……

ペンタックスがペンタプリズムを持たないカメラを作るのはそれ自体が笑えないジョークかもしれないが、しかし、市場が求めているものをこの期に及んで供給する気がないというのは会社として非常にお粗末としか評価のしようがありません。キヤノンですら数年で折れてミラーレス万歳してるのにね。

今朝のリコー、個人カメラ事業撤退か?のニュースと合わせて、いまのリコーはもう潰れて何処かに買い取られるしか道がないように思います……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク