飛行機搭乗券(チケット)の SSSS とは? 対象から外れる方法は?

「家のプリンタで飛行機の搭乗券を印刷できなくなった!」
「自動チェックインでチケットを出してくれなくなった!」

これ、アメリカ行き旅行者にとってはヒジョーに面倒な、ランダムあるいは恣意的に選ばれるSSSS対象者になった、ということです|;゚ω゚|

アメリカ行きで発生します。

SSSSってなにさ!

Scondary Security Screening Selectee の略らしいです。日本語にすると、二次的セキュリティー検査被選出者、となります。「あなたは通常のセキュリティ検査より厳重な二次的な検査を受けますよ」と事前に宣告されているわけです。

この対象に選ばれると通常のプリンタや自動チェックインでのチケット印刷ができなくなり、空港のカウンターで対面で搭乗券を受け取らなければならなくなります。

しかも、チケットには「SSSS」の烙印が……

SSSS対象になった理由は?

  • 直前〜当日の予約(テロ要員の入国か?)
  • 海外への片道チケット(いつ帰るのか分からない不審者)
  • 現金で料金を支払った(アメリカじゃクレカ無い奴は怪しい)
  • アメリカにとってリスキーな国が出発国(テロ要員じゃねえの?)
  • 監視リスト(ブラックリスト)に乗ってる(ずっとお前を見ている)
  • CIAにマークされてる(お前は犯罪者かテロリストだよね)
  • 短期間に頻繁にアメリカへ出入国している(お前怪しいよね?)
  • ランダムに選んだだけ(抜き打ちチェックもするからね?)

※()の中はアメリカの主観を仮想してます。

SSSS対象になるとどうなるの!?

前述のとおり、空港カウンターで手渡し以外では搭乗チケット印刷が出来ません。
更に、カウンターで受け取る時に「お前はランダムで選ばれるセキュリティ検査対象者だからあとで色々あるからね^^」と笑顔で伝えられます。

そして、登場直前には別の場所(必ずしも別室とは限らない)に連行されて、身分証チェックや爆発物チェックやボディチェック、電子機器の電源入れて画面見せたり、渡米の目的を色々と根掘り葉掘り聞かれます。

セキュリティ検査はどのくらい時間掛かるの?

人による(危険レベルによる?)ようですが、5分ほどで終わったという話から30分かかったという話までありますので、やはり空港には1時間ぐらい早めに行ったほうが良いでしょう。

何度もSSSS対象にされるんだけど……解除したい!

ハイ。何の理由かは知りませんが、貴方はブラックリスト入りしていますね!

アメリカに直談判するしかないようです。

米国国土安全保障省に対して、渡航者異議申立てプログラム(Traveler Redress Inquiry Program)という申請を行うことで、あなたへの嫌疑が晴れたならブラックリストから外れます。

……と言ってもわけわかんねえでしょうから、法務省に電話して「SSSS対象から解除したいんですけどどうしたらいいんですか?」と丸投げしましょう(笑)

このご時世、誰がテロリストか分からない時代です。神経質になるの気持ちはよく分かるので、「しゃーなしやで」の気持ちで協力しつつ、嫌疑を晴らしたならリアドレス申請してブラックリストから解除してもらいましょう。

それでは、よい旅を!

スポンサーリンク
スポンサーリンク