Surface が iPad を破り顧客満足度で圧勝!って言うけどさぁ……

Surface が全7社からの比較でトップ!

海外の有名な調査会社によって、ユーザに以下の観点からアンケートを取ったそうです。

  • 全体的な満足度
  • コスト
  • 使いやすさ
  • パフォーマンス
  • スタイルとデザイン
  • 機能性

この6つから総合評価された結果、Surface(おそらく Surface Pro)が一位に輝いたそう。

母数は855人。ちょっと少ない気がしますが……

ちなみに、それぞれは100点満点ならぬ1000点満点……(意味あるのかな?(笑))

評価の決め手はペンとその応答性

Surface Pen は僕も使っていますがペン先が見やすく、Surface Pro 4からは追従性も大幅に向上してイラストにも十分に使用できるレベルになっています。(ただし、この点につきアップルは iPad Pro + Apple Pen で巻き返したかな?という感じはあります。)

タブレットPCと純粋タブレットを比較するのはどうよ?

今回の調査結果の分析として、調査会社曰く『Surfaceのユーザ年齢層が低いこと』と『Surface は出て間がないからアーリーアダプタからの評価は高くなりがちである』と論じていますが……

日本とはだいぶ状況が違うのだなあという気持ちになりました。

あくまでも日本市場に立脚しているため、米国とは実情が異なるのでしょうが、日本では若者がスマホとタブレットを日常的に使ってPCは使わない・持っていないというユーザが多いのに対して、30代以降はPCをメインに使う傾向にあります。

また、商品の消費スピードがやたら早い日本では、Surfaceが出た2012年からするとほぼ5年が過ぎており、「出て間がない」と言うには時間が経ちすぎているように感じます。

そして、何より思ったのが『SurfaceはWindowsがそのまま動作する純粋なタブレットPCだけど、iPadは純粋タブレットじゃん!』ということです。

なんだか、マイクロソフトのマネーがどこかにちらつく調査結果に感じました^^;

(ちなみに、Microsoft Money は素晴らしいソフトです!)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク